カカアコパークスの開発計画 建設予定の施設が明らかに

 09/17/2016 : 584 Views

8日木曜日、カカアコ沿岸部の公園スペースの最新開発プランが明らかになった。スポーツコンプレックス、伝統的ビアガーデン、複合飲食店、子供向けゾーン、アドベンチャーゾーン、広場と水場などになる。

 

カカアコマカイパークスとしても知られるケワロベイシンパークは、53 acresの広さで、カカアコにおける公園施設面積の90パーセントを占める。この公園群はハワイ開発政府機関(HDCA)が保有、管理している。  カカアコマウカエリア近隣の人口は、今後15年以内におよそ2倍の3万人になると予想されており、公共交通機関を基盤にした開発と、関連した住宅エリアの増築が進んでいる。HDCAが同日の「開発計画環境影響説明書」の最終稿で発表した。

 

計画は、芝生の入り口エリアをはじめ、フレキシブルで開かれた公共スペース、グリーンのレイ、売店、ビーチハウス、コミュニティセンター、現在の場所から移転された円形劇場と移転・再構成されたウォーターフロントパークの駐車場などが含まれている。これらの建築計画は20年以上の期間を4期に分けて着工する。

 

第1期は、1~3年以内に完了し、第2期は3~5年以内、第3期は5~10年以内、第4期は10~20年以内に完工する予定。  環境影響説明書の手続きが完了すれば、HDCAが計画を採用する前に受け取っていたデータを基に、改めて計画が練り直され、完成計画と環境影響説明書が揃った時点で州のカカアコ開発当局が資金調達を始める。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事