カカアコウォーターフロントパーク 開園時間が通常通りに

 11/05/2016 : 551 Views

カカアコウォーターフロントパークは31日月曜夜から閉園時刻を午後10時とし、通常通りの開園時間に戻った。  10月初めから同園は閉園時刻を通常よりも4時間早い午後6時とし、野外劇場近辺の破壊された電灯の修理を行っていた。この野外劇場はハワイ大学がんセンターの隣にあり、ホームレスの人々がよく夜を明かしていた。

 

ハワイ開発政府機関(HDCA)は特にサーファーやボディボーダーに考慮して、利用者が午後6時以降も利用できるように閉園時刻を元に戻すと話していた。

 

ハワイ開発政府機関によれば、13本の電灯が損傷しており修理費用は$6,642と予想されていた。7月には隣接したマウカゲートウェイパークとマカイゲートウェイパークも景観とスプリンクラーの修復のために閉園していた。公園を占拠していたホームレスの侵入者による被害だと伝えられている。  当初マウカゲートウェイパークとカマイゲートウェイパークの閉鎖は8月15日まで、または“追って通知のあるまで”だとされていたが、どちらの公園もまだ閉鎖の状態が続いている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事