オロマナトレイルで登山者が落下し死亡

 07/03/2015 : 579 Views

6月27日土曜日の朝、52歳の男性が、 オロマナ山の第1頂上と第2頂上の間で、200フィート(約60m)下に落下し、死亡した。

 

登山者は発見された時にはすでに意識不明で、脈もなく呼吸もしていなかったと、ホノルル消防署のスポークスマン、ケンダル・チン氏は報告している。

 

 

午前11:47分に消防隊への緊急出動要請があり、最初の隊員と救急医療用ヘリコブターは11:56分に到着。男性はヘリコプターで落下先から引き上げられ、緊急搬送先に運ばれた。

 

その事故直前の午前11:30分にも、29歳の男性がマカプウ岬展望台ルックアウトで、ロッククライミング中に10フィート(約3m)下に落下したという救急電話を受けている。男性は、背中を負傷し、救急医療用ヘリコプターで救出された。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事