イースト・カポレイ中学校校舎の建築がスタート

 05/19/2018 : 346 Views

イースト・カポレイ中学校の校舎の着工式典が10日、マウナカプ・ストリートのクロック・センター向かいにある建設予定地で開催された。

 

校舎の利用は2020〜21年度から開始される予定で、6~8年生の学生1050名を受け入れる。人口が増加している同エリアでの学生の受け入れに大きく貢献すると考えられる。イースト・カポレイ中学校では化学、技術、工学、数学に焦点を当てる予定。建設予定地は州が所有する18エーカーの区画。建築の第1フェーズの予算は5900万ドルで、管理棟や図書館、カフェテリア、音楽用施設、教室棟、屋外コートを建設する。第2段階では資金の追加状況にもよるが、健康や体育のための施設や2つの教室棟の建設を予定。自然換気を最大限に利用するため、エネルギー効率の良い建物が中央エリアや屋外の集会エリアを囲んで並ぶよう設計されている。

 

(日刊サン 2018.05.18)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事