イヴィレイのホームレス施設に診療所

 07/06/2019

「プナワイ・クリニック」と呼ばれるホームレス用診療所(応急手当用)が、イヴィレイのプナワイ・レスト・ストップのある3階建ての建物内に設置され、7月にオープンの予定である。建物の1階にあるプナワイ・レスト・ストップは1月にオープンし、メンタル・ヘルス・コクアが年間1百万ドルの委託料で施設の運営を行っており、イヴィレイ地区のホームレスはシャワー・洗濯・郵便受取り等のサービスを利用できる。

 

この診療所建設のための19-144号法案は、7月2日の公聴会、7月3日の市議会予算委員会を経て、7月上旬に市議会で決議される。 この診療所は、建物の中二階に置かれ、このレスト・ハウスの敷地を所有する非営利団体のハワイ・ホームレス・ヘルスケア・ホイ(H4)が建設・運営を行う。 H4は、サムナー通りの福祉局のホームレス避難所とチャイナタウン・ジョイント・アウトリーチ・センターの2か所において診療所を運営している。クリニックの2階には21ユニットのホームレス用仮設住宅が設置され、H4はその運営も行う。 市は、この3階建ての建物の購入に790万ドル、H4が使用する約17,585平方フィート部分の予備建設に約510万ドル、を支出した。H4は市に月100ドルの賃貸料を支払う。

 

 

(日刊サン 2019.07.06)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事