イゲ州知事 「日本はハワイへの就航便増加に前向き」

 06/27/2015 : 481 Views

デイビット・イゲ州知事は、初の海外視察から戻り、近日中に日本からハワイへの就航便増加の発表ができるもようだ。

 

イゲ州知事は、3日間の滞在中、安倍晋三首相との会談も含めた19行事をこなす激務の中、航空会社の上層部とハワイの国際線を増やす話し合いを行った。

 

ハワイ旅行への需要は安定かつ高いこともあり、各航空会社は就航便増加に「とても前向き」であったとイゲ州知事は述べている。日本政府は、国民の海外旅行を以前よりまして奨励しており、毎年2,000万人を海外旅行に送り出す目標を設定している。それに併せて、イゲ州知事は、ハワイも利益を得ることができると語った。

 

 

イゲ州知事は、日本の関係者にハワイ島コナに米国国土安全保障省 税関・国境取締局の新しい施設建設を含めた空港の近代化計画の概要を説明。これに伴い、ハワイ島コナが再度日本人観光客の国際線受け入れのサービスができることも述べた。

 

ハワイと日本の関係は特別なものであり、州知事は、日米関係強化に興味を示している国会議員のメンバーとも会談した。

 

毎日日本の6都市から19便がハワイに飛んでいることから、日本はハワイの海外マーケットのトップとなっている。また、年間1500万人もの日本人旅行者がハワイに訪れ、総消費額約25億ドルの効果を及ぼしている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事