アリゾナ・メモリアル沖 ヘリコプター墜落事故 16歳青年死亡

 02/29/2016 : 412 Views

アリゾナメ・モリアル付近で18日木曜日に起きたヘリコブター墜落事故をうけ、16歳の青年が亡くなったと、パリ・モミ・メディカルセンター関係者が書名で明らかにした。

 

アリゾナ・メモリアル・ビジター・センターの沖に墜落したこのヘリコプターには、パイロット一人と、カナダから観光に来ていた家族4名計5名が搭乗していた。  50歳男性と45歳女性の2人は依然入院中であるが、状態は安定しているとパリ・モミは話した。他の家族は、別の病院で手当てを受け、すでに退院している。パイロットのライアン・ロナー氏は、重体で、トリプラー・アーミー・メディカルセンターに運ばれた。

 

パリ・モミが22日に発表した書名では、16歳青年の家族は、「彼の思い出が生き続ける」ことを望んで、彼の臓器をドナー提供すると決定したと述べた。  ヘリコプターは、ワイメアにツアーに行き、ホノルルに戻っている途中、アリゾナ・メモリアルビジター・センターを訪れていた数十人の訪問客の目の前で、水中に墜落した。

 

墜落後、心あるサマリア人たちが、高さ8フィートもあるセンターの遊歩道から飛び込んで、乗客とパイロットを岸に上げようと救助に向かった。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事