アラスカエアラインに冬季限定便 プレミアムシートも発表

 11/19/2016 : 687 Views

アラスカエアラインはワシントン州べリンハム~ハワイ島カイルアコナ間の便を12日土曜日から来年4月1日まで冬季限定便として運航する事を発表した。 「ワシントン州北西地区とカナダのブリティッシュコロンビアの住民の皆様に美しいビーチや満天の星空、世界でも有数な活火山、ハワイで最も美味しいポケを楽しむ機会を直行便でご提供します」とアラスカエアラインのキャパシティプランニング副社長ジョン・カービィ氏が会見で述べた。 新しい便が加わり、シアトル発祥の同エアラインはハワイの主要な4島と西海岸の区間を週に86便運航する事になった。同エアラインはマウイ島~ベリンハム間も冬季限定便を11月6日から来年4月2日まで運行する。 「ハワイの島々は世界でもトップランクの旅行先の一つです。アラスカエアラインがこの素晴らしいロケーションへ向かう直行便を私達のお客様に提供してくれることを喜んでおります」と、ベリンハム国際空港航空ディレクターのスニル・ハーマン氏は話す。「アラスカエアラインは競争力のある運賃で提供しています。この便の需要は高いと予想しています」 冬季限定便はボーイング737次世代機を利用して運航する予定だ。 さらに同エアラインは10日木曜日に最大4インチも座席間のスペースに余裕があるプレミアムクラスを誕生させることを発表した。 現在1月5日からの特定の便でプレミアムシートが利用可能で、チケットの販売は開始されている。 「乗客の皆様に機内でより良い体験をして頂くために進行している投資のうち、プレミアムクラスのご提供は最新の一例です」と、アラスカエアライン副社長兼業務最高責任者のアンドリュー・ハリソン氏は会見で述べた。「ファーストクラス席の平均60パーセントが座席のアップグレードを適用されたお得意様で占められていることに反映されるように、業界でも最も気前のよいアップブレードポリシーに則り当社をご愛顧下さるお客様にお応えしていきます」 プレミアムクラスの初期価格は飛行時間の長さに応じて$15~$79の範囲で設定されており、基本運賃に加算される。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事