ハワイの教育コラム|カリスマ音楽教師リネー先生の人生が決まる!? 大切な幼児教育 vol.2

 02/15/2019

ハワイの教育コラム|カリスマ音楽教師リネー先生の人生が決まる!? 大切な幼児教育

Vol.2 

 

アロハ~!

前回は、私が幼い頃に実体験した、厳しかった英才教育ぶりをお伝えしましたが、幼少時のお勉強や習い事、私自身は反対ではありません。

むしろ大賛成!! 若い頃、一生懸命勉強して良かったなあ、ってつくづく感じますよ。ただし、その子に合ったやり方を見つけなくてはいけません!上手くいけば、とてつもなく素晴らしい能力が身につくだけでなく、その子の生涯を通しての人格形成にも非常に大きな影響を与えることができます。

例えば、お父さん、お母さんから望まれないで生まれてきたり、妊娠中も無視し続けられたり、生まれてからも抱っこなど愛情表現をしてもらえなかったりすると、ベビー達は“寂しい症候群”にかかってしまいます。泣

き声もろくに上げず、おっぱいを吸う力もなく、病気にかかりがちになってしまったり、あまり笑いもしない。そういうことが、お母さん達はさらに、その子を愛せないというループに入っていってしまう・・・不運にもそのような幼少期を送り続けると、その後長い年月をかけて修正していっても、なかなか幸せいっぱいの人生が送れなくなってしまうケースがよくあります。(涙)

反面、最初にお母さんのお腹の中に宿った時から、お母さんが優しい声で話しかけてあげたり、楽しい歌を歌ってあげ、気持ち良く手で撫でてあげたりするだけで、それはもう立派な幼児教育が始まってると言えるでしょう。赤ちゃん達は、しっかりお母さんの声を聞き、歌に耳を傾けリズムをとったり、体を動かしたりしてるんです。たった20週目の胎児でも、お腹の中で手を叩いてリズムをとっているのがウルトラサウンドで目撃された事実もあります。

お腹の赤ちゃんの頃から、毎日欠かさず聴かせていたヴァイオリン協奏曲を、3歳になったときにヴァイオリンを持たせたら、楽譜も読めないのに、その曲を全て演奏できてしまったという人にも会った事もあります!! たったの10カ月間音楽を聴かせていたら、それを楽器で全て演奏できるようになるまでの能力がついてしまうのですよ! そういうラッキーにも素敵な胎教を受けてきたベビー達は、生まれた瞬間からもうすでに天才児! のたまごちゃん達なのです。楽しみですよね!

以前は非常に稀な才能とよく言われていた絶対音感も、6歳までに始めれば数カ月から数年の訓練で誰でも身につける事ができるのです。

幼児教育の大切さ、素晴らしさを十分お分かりいただけましたでしょうか? さあ、これから先、いや今すぐに、私達の、そして周りの子供達に何をしていってあげたら良いか一緒に考えていきましょう!

 

著者プロフィール:レネーリエてるや Renee Rie Teruya

『カリスマ教師、リネー先生』ことRenee’s Music Studioのオーナー・音楽教師。東京出身。国立音楽大学附属音楽中学校、同高校、同大学卒業。30年以上前にハワイへ移住、二人の女児の母。 アメリカ国内外の著名音楽大学への合格者、大きな世界コンクールでの優勝者等も多数輩出させている。同時に、赤ちゃんからシニアまで幅広い世代の人に 『音楽の素晴らしさ』と『愛と優しさ』をも伝える。

【ハワイの音楽教室】リネーズミュージックスタジオ


関連記事







その他の記事