インタビュー

障害を乗り越え再び海へ戻った不屈のサーファー

  2016年8月20日から28日までの1週間、クヒオビーチにてサーフィン、SDパドルボード、タンデムサーフィン、水泳、ビーチバレーなど毎年恒例のドューク・オーシャン・フェストが開催された。また同大会の中で、2…

続きを読む

日刊サン特別編集【気鋭のレストラン 海外進出、躍進への決断】活美登利

沖野 司(Okino Tsukasa) 店長    昨年の12月、初の海外進出店としてプリンスワイキキにオープンした、「KATSUMIDORI SUSHI TOKYO」。築地直送のグレードの高いマグロや、迫力満…

続きを読む

日刊サン特別編集 ”気鋭のレストラン 海外進出、躍進への決断 大林芳彰氏”

大林 芳彰 氏 Yoshiaki Obayashi AGALICO HAWAII(株)Big Belly 代表取締役   グランドオープンの前から評判になり、オープニングレセプションには200人以上が詰めかけて…

続きを読む

戦う相手は自分自身 ハワイ競泳界の希望の星

2016年リオデジャネイロオリンピックで、アメリカの競泳メダル獲得数は33個で世界1位。2位のオーストラリアは合計10個と歴然の差であり、アメリカは競泳強豪国であることを物語っている。そして、ハワイ出身のオリンピック競泳…

続きを読む

日系移民の歴史を支え続けた『小林トラベル』創業125年

私たちがハワイで、快適に暮らしたり観光ができたりするのは、日系移民のみなさんのおかげだ。太平洋戦争時には捕虜として隔離され、また一方で日系アメリカ人兵士として、最も危険な戦地で戦うという、 過酷な歴史を生き抜いてきた人々…

続きを読む

「楽園」と「真珠湾の記憶」のはざま 知られざる日米同盟の現場がハワイに

-同盟の鍵は、人との繋がりが握っている 年間150万人の日本人観光客が訪れる太平洋の島ハワイ。だが一方には真珠湾の記憶としてのハワイが厳然として目の前に横たわっている。1941年12月7日(ハワイ時間)の真珠湾攻撃から、…

続きを読む

ハワイの天才少女現れる 全米中からたった一人選ばれた体操界期待の新星

鍛え抜かれた人間の身体が宙を舞い、ひねりを加えて、着地する。人間の身体は、これほどまでの能力を秘めているのだという驚きと共に、そのすきのない美しさに見とれてしまう。「体操」という競技は、人類の限界へ挑戦しているようだ。オ…

続きを読む

アロハな空気にぴたりとはまる BEGINの音楽

「波長が合う」という言葉がある。BEGINとハワイの関係は、まったくもってその通り。波長が合うのだ。このハワイという地に流れるアロハな空気感に彼らの音楽の波はぴたりとはまる。なんの違和感もなく、すうっと溶け込み心地いい。…

続きを読む

全てを懸けて守るべきものがある 五省―時を超えるその精神

戦後70年の節目の年に永田町が憲法第9条の改憲をめぐってかつてないほど揺れている。日本国憲法はその前文で、平和の希求と諸国の公正と信義を信頼するとし、第9条で武力の放棄を謳っている。そのため自衛隊の存在は戦後常に、議論の…

続きを読む

壮絶な命の花を見つめて

  がんからの生還―僕の命を救ったホノルルマラソン     がんという病気に侵されていてもホノルルマラソンを、42.195kmの過酷な道を走っている人がいることをご存知だろうか?このハワイという地が壮…

続きを読む

3 / 41234