インタビュー

日刊サン特別編集 ”気鋭のレストラン 海外進出、躍進への決断 大林芳彰氏”

大林 芳彰 氏 Yoshiaki Obayashi AGALICO HAWAII(株)Big Belly 代表取締役   グランドオープンの前から評判になり、オープニングレセプションには200人以上が詰めかけて…

続きを読む

ハワイの天才少女現れる 全米中からたった一人選ばれた体操界期待の新星

鍛え抜かれた人間の身体が宙を舞い、ひねりを加えて、着地する。人間の身体は、これほどまでの能力を秘めているのだという驚きと共に、そのすきのない美しさに見とれてしまう。「体操」という競技は、人類の限界へ挑戦しているようだ。オ…

続きを読む

アロハな空気にぴたりとはまる BEGINの音楽

「波長が合う」という言葉がある。BEGINとハワイの関係は、まったくもってその通り。波長が合うのだ。このハワイという地に流れるアロハな空気感に彼らの音楽の波はぴたりとはまる。なんの違和感もなく、すうっと溶け込み心地いい。…

続きを読む

全てを懸けて守るべきものがある 五省―時を超えるその精神

戦後70年の節目の年に永田町が憲法第9条の改憲をめぐってかつてないほど揺れている。日本国憲法はその前文で、平和の希求と諸国の公正と信義を信頼するとし、第9条で武力の放棄を謳っている。そのため自衛隊の存在は戦後常に、議論の…

続きを読む

壮絶な命の花を見つめて

  がんからの生還―僕の命を救ったホノルルマラソン     がんという病気に侵されていてもホノルルマラソンを、42.195kmの過酷な道を走っている人がいることをご存知だろうか?このハワイという地が壮…

続きを読む

京大流トップをはれる 人財づくり

穏やかな笑顔と、柔らかい京都弁の話し口調がとても印象的な人だ。 だが、そんな外見や雰囲気とは裏腹に、静かながら熱い闘士を言葉の端々に滲ませる。 京都大学アメリカンフットボール部「ギャングスターズ」―6度の学生日本一、4度…

続きを読む

遺骨鑑定を通して 日米の架け橋となった人類学者

戦後70年の節目の年となる今年。3月に在ホノルル日本国総領事館で在外公館長表彰を授与された林敦子さん。DPAAというアメリカの組織の中で、戦時中の捕虜や行方不明者の身元鑑定研究に関連した作業を行う唯一の日本人だ。彼女がど…

続きを読む