ハワイで快適生活 役立つ建築情報 No.58【WELL Buildingについて】

 12/28/2017 : 289 Views

@Shutterstock.com

 

 快適な労働環境を構築するために2014年にWELLという認証プログラムが開始されました。人々は、90%もの時間を建物の中で過ごしています。その建物の可動性、空気の質、食事、そして職場でのストレスというのは人々の健康に多大な影響を与えます。その事実を受け、広義での健康を維持できる建物であるかどうかを検証し、認証するのがWELLなのです。建物の認証プログラムというと、LEEDというものをご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、LEEDは住環境や地球環境に特化しているので別物ですが、プロセス等はとても良く似ています。LEED AP同様、WELLにも専門の資格であるWELL APというものが存在します。

 

WELLとは何か  

 主に職場環境の改善を目的としてInternational Well Building Institute (IWBI)という機関が始めた制度です。医師や科学者等の専門家を交え、建物のデザイン、環境、健康、行動について7年以上にもわたって研究されて、7つのカテゴリーに分けて分析されました。そのカテゴリーはAir(空気)、Water(水)、Nourishment(栄養)、Light(光)、Fitness(運動)Comfort(快適性)そしてMind(精神)となります。

 

WELLの種類  

 認証プログラムは三種類に分かれており、新築及び既存の建物、新築及び既存の内装、そしてコアシェル構造になります。要件を満たすごとにポイントを得ることができ、一定以上になるとシルバー、ゴールド、プラチナと高いランクの認証を受けることができます。

 

何のためのプログラムか  

 こういった認証プログラムは、設計者にとって多大な負担になります。100個近い要件をそれぞれ見直し、一つでも多く得られるように検証及びデザイン変更を何度も何度も繰り返す必要があります。そのため、設計料も高くなります。ただ、このプロセスこそがこのプログラムの本質です。

 デザインや利便性、効率のみに着目して設計するのではなく、建物で働く労働者の環境や健康を考え、デザインを改善していくことで労働者が健康になり、仕事の効率が上がり、業績も向上することを目的としています。また、会社がWELLの認定を受けているということで、その会社は従業員の健康を重んじているとしてイメージアップにも繋がることが予想されます。

 まだまだ発足して間もない制度ですが、だからこそ会社のブランドイメージ向上も兼ねてひと足先に採用してみてはいかがでしょうか。

 

(日刊サン 2017. 10. 25)

 

 

*建築に関して知りたいこと、ご質問のある読者の方は、下記までメールをお送りください。

 

鵜飼 高生 Takao Ugai 建築士・AIA・LEED AP・博士(建築)・家庭塾長 Focus Labo LLC 代表取締役

Email: takao@focuslabo.com

明治大学建築学科卒業後、ハワイ大学マノア校で建築の博士号を取得。日米両国での建築設計実務経験がある、経験豊富なハワイ州登録建築士。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事