ハワイで快適生活 役立つ建築情報 No.30【斜面に住宅を建てる場合】

 07/29/2017 : 354 Views

前回、ハワイの住宅地ではセットバックというものがあり、敷地いっぱいに建物を建設することは禁じられているという話をご紹介しました。その他にも高さ制限があり、最大25 feet(約7.6m)であるということをお伝えしました。ただ、敷地が斜面の場合には少し事情が変わってきます。斜面に住宅を建設すると、どうしても最高高さが高くなってしまい、25 feetにおさめるのが難しくなってしまいます。そのような状況に対処するために、ホノルル市では、敷地が斜面のときに限り最大30 feet (約10m)まで認められています。

 

斜面では三階建て住宅も可能  

最大30 feetまで認められているといっても、条件がいくつかあります。基本的なセットバックは平地のときと同じで、道路に面している側は敷地境界線から10 feet、その他は、5 feetのエリアは建設することはできません。この 30 feetの制限を利用して、実は3階建ての住宅を建設することが可能です。平地の25 feetの高さ制限では不可能ですが、段々畑のようにずらしながら建設することで建設可能エリアにおさめることができます。  

ただ、通常かなりの量の土を取り除いたり、足したりする必要があるため、建設コストは割高になります。ただ、ハワイにおいて斜面の敷地といいますと、山沿いがほとんどだと思います。山から海を見下ろすような絶景が望める場合には、上記のような建設方法をすることで、各階から海が望めるようになり多少割高でも投資する価値は大いにあると思います。ただ、敷地の広さや傾斜角度によっては難しい場合もありますので、詳しくはお問い合わせ下さい。

 

 

 

鵜飼 高生 Takao Ugai 建築士・AIA・LEED AP・博士(建築)・家庭塾長 Focus Labo LLC 代表取締役

Email: takao@focuslabo.com

明治大学建築学科卒業後、ハワイ大学マノア校で建築の博士号を取得。日米両国での建築設計実務経験がある、経験豊富なハワイ州登録建築士。


関連記事







その他の記事