ハワイで快適生活 役立つ建築情報 No.29【セットバックについて】

 07/29/2017 : 362 Views

 

日本の建築基準法では、道路斜線・日陰斜線と呼ばれるものがあり、敷地ギリギリまで高い建物を建てることが制限されています。なので、道路から離れるごとに段々と高くなる建物がとても多いのが特徴です。今度日本へ訪れる際には少し気にしてみてみるとおもしろいかもしれません。  

ハワイでも似たような制限があり、特に住宅地においては、敷地いっぱいに建物を建設することは禁じられています。それをセットバックと呼びます。今回は主に住宅地で適用されるセットバックについてご紹介致します。

 

住宅地では必ずセットバックが必要  

住宅地はResidential Zoningと呼ばれます。この地域では、道路に面する場所では最低10 feet(約3m)のセットバックが必要となります。その他の敷地境界線でも最低5 feet (約1.5m)のセットバックが必要となり、敷地ギリギリに住宅を建設することは禁じられています。また、高さ制限は最大25 feet(約7.6m)となっています。上記以外にも傾きが1:2の斜線規制があるため、特に二階建て住宅を建てる際には注意が必要です。

 

建築可能エリア外で認められているもの  

住宅は、もちろん建築可能エリア内に収める必要がありますが、はみ出すことが認められているものがいくつかあります。例えば、フェンスや擁壁(Retaining Wall)は敷地境界線ギリギリに建設することが認められています。ドライブウェイももちろん隣接している道路まで延長されている必要があるため大丈夫です。また、住宅の屋根も2.5 feet (約76cm)までであれば、このエリアからはみ出すことが認められています。  

上記以外にも住宅には述べ床面積の制限等、様々な制限がありますが、それは次回以降ご紹介したいと思います。また、住宅地以外のゾーニングでは異なるセットバックのルールが適応されますので注意が必要です。ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

鵜飼 高生 Takao Ugai 建築士・AIA・LEED AP・博士(建築)・家庭塾長 Focus Labo LLC 代表取締役

Email: takao@focuslabo.com

明治大学建築学科卒業後、ハワイ大学マノア校で建築の博士号を取得。日米両国での建築設計実務経験がある、経験豊富なハワイ州登録建築士。


関連記事







その他の記事