ハワイで快適生活 役立つ建築情報 No.27【住宅の一部を賃貸する方法】

 08/12/2017 : 515 Views

近年のハワイにおける不動産の価値高騰には目を見張るものがあります。ホノルルで売買されている一軒家のMedian(中央値)は$700,000を超えており、地元の労働者階級にはとても購入することが難しい現状です。住宅の不足及び価格高騰の対処として、2015年9月に新しい法律が施行されました。ACCESSORY DWELLING UNIT (ADU)というもので、今回はその制度についてご紹介します。

 

住宅の一部を賃貸することができる  

一軒家の離れや、ベッドルームとバスルームのみを賃貸している広告などを見たことがありませんか?丸々一軒家を賃貸しない限り、実は、これらは去年まで法律で禁じられていました。一軒家には、あくまで一家族が住むことが想定されており、分割してその一部を収益目的で賃貸することはできませんでした。今回施行された法律で、部分的に賃貸をすることが合法化されたため、今までこっそりと貸していた人、これから副収入を得ようとする人、また、安く賃貸住宅をかりようとするにはとてもメリットが大きいでしょう。

 

賃貸するにあたっての様々な規制  

法整備されたということは、それに伴って様々な規制がしかれます。まず一つに、その住宅には原則として所有者、もしくはその血縁者が住んでいる必要があります。よってすでに他人に貸している賃貸物件をさらに分割して他の人に貸すといったことはできません。例外として、所有者が予期せぬ苦難(例:難病にかかった)にあったときのみ許されます。また、所有者であれば、ADUとして制定された部分に自らが住み、母屋を貸し出すこともできます。子供たちが巣立った後、老後はADUでこじんまりと生活しつつ、大きな副収入を得る方法も有意義かもしれません。  

ただ、どのような賃貸でも良いわけではなく、賃貸期間は6ヶ月以上と決められているので、バケーションレンタル用には貸し出すことはできません。その他、ゾーニングや最大面積、駐車スペースの規制がありますが、この新しい法律の主な目的はホノルルの賃貸住宅の絶対数を増やすことが目的となっていますので、ほとんどの一軒家で適用可能となります。もし、ご興味がおありでしたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

鵜飼 高生 Takao Ugai 建築士・AIA・LEED AP・博士(建築)・家庭塾長 Focus Labo LLC 代表取締役

Email: takao@focuslabo.com

明治大学建築学科卒業後、ハワイ大学マノア校で建築の博士号を取得。日米両国での建築設計実務経験がある、経験豊富なハワイ州登録建築士。


関連記事







その他の記事