ハワイで快適生活 役立つ建築情報 No.24【特別区域について(4)チャイナタウン編】

 09/02/2017 : 301 Views

ここ数週間に渡り、特別区域(Special Districts)についてご紹介しております。特別区域とは都市計画の一環です。利用者にとって快適かつ便利な街並みを推奨したり、歴史や文化を継承させたり、色やデザインについて制限をかけ、街全体に統一感を出したりすることで街全体の価値をあげることを目的としています。ハワイには8つの特別区域が制定されており、今回はチャイナタウン地区についてお話しさせていただきます。

 

チャイナタウン特別区域  

チャイナタウンに遊びに行ったことのある方は多いかと思いますが、独特な雰囲気がある地域です。歴史的な低層建築が立ち並び、様々な用途(リテール、オフィス、住宅)の建築物が密集しているこの特別区域は、これらの特徴を尊重し、守る役割をしっかり果たしています。歴史的な外観を守ることで、文化を継承していき、歩行者をより優先していくことで活気のある街づくりをしていこうという意図がこの特別区域には込められているのです。

 

細かな規制内容  

チャイナタウンは8つの特別区域の中で、実は一番規制が厳しく、ややこしいかもしれません。歴史的建物が多いため、保護を推奨しているわけですが、保護対象が三段階に分かれており、個々の建物ごとに異なります。個々の建物ごとに改築・増築における制限が違うので注意が必要です。  

また、様々なデザイン規制があり、建物正面(ファサード)におけるオーナメントやキャノピーのデザイン、建材、ドアや窓の種類、色の指定まで定められています。シンプルなデザインはモダンな雰囲気をかもし出すため、凝ったディテールの外観にする必要があります。看板も1940年代を彷彿させるようなデザインが推奨されています。  

その他、少し変わった規制としては、セットバック(道路と建物の間の距離)をとることを禁止していることです。つまり、建物は敷地境界線ギリギリに建てなければなりません。そうすることで、すべての建物を歩道沿いにキレイに整列させることができ、美しい街並みになります。  

日本でも、銀座は同様な都市計画を施行し、とても整った世界に誇れる街となりました。まだまだこの特別区域が制定されて年数が浅く、改善の余地は多々ありますが、今後のチャイナタウンの発展を期待しましょう!

 

 

鵜飼 高生 Takao Ugai 建築士・AIA・LEED AP・博士(建築)・家庭塾長 Focus Labo LLC 代表取締役

Email: takao@focuslabo.com

明治大学建築学科卒業後、ハワイ大学マノア校で建築の博士号を取得。日米両国での建築設計実務経験がある、経験豊富なハワイ州登録建築士。


関連記事







その他の記事