ハワイで快適生活 役立つ建築情報 No.17【工務店(コントラクター)について】

 10/14/2017 : 333 Views

建築物を建てるとき、改修するとき、また増減築するときには、まず建築士を雇い図面を完成させ、市に建築許可を得て、工務店(コントラクター)に工事をしてもらうというのが一般的な流れです。今日は工務店について少しお話したいと思います。

 

工務店は免許が必要  

建築士が免許を取得する必要があるように、工務店もまた工務店の免許が必要です。州から認可されていない工務店を利用した場合、数多くのリスクを抱えることになります。例えば、無免許の工務店の従業員が工事中に怪我した場合は保険が適用されず、大本の雇用主となる施主がすべて賠償しなければならない可能性があります。アメリカの医療費は高額ですので、最悪数億円規模の賠償金が発生するということにもなりかねません。建築許可を受け取る際には免許が必要なので、無免許であったことを施主が知らなかったということはまずありえませんが、免許があるのかどうかを知っておくだけでもリスクを回避できるので、念のために確認するとよいでしょう。

 

免許が必要ない場合とは  

工事をする以上、免許を保有する工務店にお願いする必要があると考えて頂いて概ね間違いはありませんが、一応例外もありますのでご紹介します。一つは工費が$1,000未満の場合です。このような小さな工事の場合には、例外的に工務店の免許がないようなハンディーマンでも行うことが認められています。ただ、$1,000未満であっても電気や水道に関わる工事が含まれている場合には認められないので注意が必要です。壁を一つ追加するだけの場合や、窓を新たに開ける等の工事にこの例外は適用されます。  

もう一つの例外は、施主自らが工務店として動く場合です。自分の家なのですから、自分で建てることは認められています。その場合には、owner-builder permitを取得すれば出来ます。無免許の工務店の場合には、こちらの制度を悪用して工事をするケースが多いようですのでご注意下さい。また、施主が工務店として動く場合には、工務店の免許は必要ありませんが、それでも電気と水道の工事には個々の免許保有者が工事をする必要があります。さらに、建物が完成してから1年間は売ったり貸したりすることが禁じられているというのも知っておくとよい条件といえるでしょう。

 

(日刊サン 2015. 12. 30)

 

 

*建築に関して知りたいこと、ご質問のある読者の方は、下記までメールをお送りください。

 

鵜飼 高生 Takao Ugai 建築士・AIA・LEED AP・博士(建築)・家庭塾長 Focus Labo LLC 代表取締役

Email: takao@focuslabo.com

明治大学建築学科卒業後、ハワイ大学マノア校で建築の博士号を取得。日米両国での建築設計実務経験がある、経験豊富なハワイ州登録建築士。


関連記事







その他の記事