香辛料の 健康効果と豆知識

 11/23/2018 : 743 Views

香辛料は、独特の芳香、辛味、色味のある植物から作られます。利用される部位は樹皮、葉、茎、花、蕾、果皮、果実、種子、根、地下茎など。料理に風味や美観を添え、消臭や着色などにも利用されます。100種類以上あると言われている香辛料は、食欲増進、消化促進、疲労回復、強壮、殺菌、抗菌など、私たちの健康維持への効果も認められており、サプリメントなどの健康食品としても販売されています。 今回の健康特集では、和食に使われる香辛料を中心に、健康効果や使い方、産地や歴史など、知って楽しい豆知識をご紹介したいと思います。

スパイスとハーブ

 

世界中で親しまれている香辛料ですが、その定義づけは国によって違い、どこまでが香辛料かという線引きは曖昧です。日本では、全日本スパイス協会が自主基準として香辛料をスパイスとハーブの2種類に分けています。

スパイス ― 香辛料のうち、茎、葉、花を除くもの

【例】茴香(ういきょう)、オールスパイス、オレンジピール、花椒(かしょう)、芥子(マスタード)、カルダモン、甘草、クミン、クローブ、芥子の実、胡椒、胡麻、サフラン、山椒、シナモン、生姜、西洋ワサビ(ホースラディッシュ)、唐辛子、ディルシード、ナツメグ、パプリカ、フェネグリーク、ロングペッパー、柚子、山葵(わさび)など ハーブ ― 香辛料のうち、茎、葉、花を利用するもの

【例】オレガノ、クレソン、香菜(コリアンダーリーフ)、サボリー、山椒の葉、紫蘇、セロリ、タラゴン、チャイブ、チャービル、バジル、パセリ、ペパーミント、ニラ、芥子菜(マスタードグリーン)、ミョウガ、レモングラス、ローズマリー、蓬、山葵の葉など。

 


 

さまざまな 

ここでは、日本の食卓でおなじみの香辛料の特徴や栄養成分を見ていきましょう。

 

 

紫蘇 Shiso 【シソ科シソ属 原産地:ミャンマー、中国中南部】

 東洋のハーブと呼ばれ、食用、薬用に使われます。古代名は「イヌエ」。イヌは似て非なるもの、エはエゴマの意で「エゴマに似ているが違うもの」という意味です。刺身のツマなどに使われる他、相性のよい寿司飯、鶏肉、豆腐、納豆などの香りづ付けに使われます。

 

☆主要な栄養成分

●ぺリルアルデヒド:紫蘇の香りの素となる成分で、食欲増進、殺菌、抗菌などの作用があります。

●ビタミンK:骨の形成を促したり血管を丈夫にするビタミンKは、紫蘇100gあたり690μg(マイクログラム)含まれています。

 

 

 

山椒 Japanese Prickly Ash 【ミカン科サンショウ属 原産地:日本】  

雌雄異株の落葉低木で、半日陰の湿った土地でよく育ちます。木の高さは2〜5m。4月頃、枝先に黄緑色の小さな花をつけます。古代日本では「椒(ハジカミ)」と呼ばれていました。「椒」には「かぐわしい」という意味があり、「山に生える木のかぐわしい実」ということで「山椒」という名前がつけられました。

 

☆主要な栄養成分

●サンショール:山椒独特の辛味の素、サンショールは、神経痛、肩こり、冷え性改善に効果があるのされています。

●シトロネラール:こちらは、独特の香りの素となる成分。食欲増進、消化促進、抗ウィルス、消炎、食中毒予防などの作用があるといわれています。

●カリウム:胡椒と同様、山椒もカリウムを多く含みます。

●ビタミンA:豊富に含まれるビタミンAは、肌の健康維持、免疫力向上、疲れ目を癒すなどの効果があります。

 

山椒の葉

山椒の実

 

 

山葵(本わさび) Wasabi 【アブラナ科ワサビ属 原産地:日本】

根茎が生食用として利用される日本原産の山葵。元々は山奥の渓流に沿って自生していたもので、それらが根分けされ、奈良時代頃に栽培されるようになったといわれています。山葵について記された最古の資料は、奈良県明日香村の奈良時代の遺跡から出土した「委佐俾三升(わさびさんしょう)」と書かれた木簡です。また、718年(奈良時代)に『賦役令』の中に「山葵」の記載があることから、土地の名産品と納付され、薬用として利用されていたことが窺えます。

 

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事