睡眠の質を上げて心身共に健康に ”快眠TIPS”

 08/21/2018 : 54 Views

🛌🛌🛌睡眠とは?🛌🛌🛌

『大辞泉』によると、睡眠とは「周期的に繰り返す、意識を喪失する生理的な状態」と説明されています。体の動きが止まり、外的刺激に対する反応が低下して意識も失われているものの、物音や光などの刺激で目覚められる状態のことです。

 

🛌🛌🛌眠くなるメカニズム🛌🛌🛌

一般に、眠気は24時間周期で現れます。これは体内時計の影響に加え、眠気が、蓄積した疲労を解消するため、起き続けた時間に比例して強くなることが原因です。よく体内時計は腕時計、覚醒時間に比例して強くなる眠気は砂時計に例えられますが、眠気や睡眠はこの2つの時計の影響下にあります。

 

睡眠物質の1つ、アデノシン

アデノシンとは、身体を動かすエネルギー源「アデノシン三リン酸(ATP)」が使われた後に生まれる代謝物質です。身体を動かす時に使われた燃料の「燃えかす」と考えると分かりやすいでしょう。燃えかすであるアデノシンは、刺激を直接受ける「受容細胞」を抑制し、脳を強く覚醒させる神経伝達物質の1つ、ヒスタミンの放出を抑える働きがあります。これが、人間が眠くなる原因の1つと考えられています。アデノシンは、起きている最中に脳基底部(脳の後部の底)あたりに溜まり続け、眠ると減るため、睡眠後に再び覚醒して活動をすることができるようになるとされています。

 

 

😴😪😴😪😴😪レム睡眠、ノンレム睡眠とは?😴😪😴😪😴😪

「レム睡眠」とは、睡眠中に「レム」と呼ばれる急速眼球運動が生じている状態のことです。レム睡眠時は、身体は眠っていますが、脳は活動しているため、夢を見ることがあります。また、大人の睡眠時間中、約20〜25%を占めると考えられています。  「ノンレム睡眠」はレム睡眠以外の睡眠状態で、ステージIからステージIVの4段階があり、ステージⅣは最も眠りの深い状態を表します。睡眠時間の半分以上は、レム睡眠のステージⅠとⅡが占めます。睡眠中は、レム睡眠とノンレム睡眠を90~110分の周期で繰り返します。

 

MEMO💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤💤

カフェインが眠気覚ましになる理由

カフェインは、アデノシン(睡眠物質)がヒスタミン(覚醒物質)の放出を抑えようとする時、それを阻害する働きがあります。その結果、心拍数や血圧が上がって覚醒し、一時的に疲労感が解消します。カフェインは、体内に約6時間半前残り続けます。

 

😴😪😴😪😴😪睡眠中、身体に起こっていること😴😪😴😪😴😪

睡眠は、人間の身体や脳の休息に欠かせません。睡眠中は、身体中の細胞が修復され、脳内では高次脳機能としての記憶が再構成されています。また、睡眠中は2〜3時間感覚で下垂体前葉から成長ホルモンが分泌されるため、子供の成長や、大人の怪我などの治癒、肌の新陳代謝などが促進されます。

 

Häggström, Mikael (2014). “Medical gallery of Mikael Häggström 2014”. WikiJournal of Medicine 1 (2). DOI:10.15347/wjm/2014.008. ISSN 2002-4436. Public Domain

 

 

 

😴😪😴😪😴😪睡眠不足が引き起こす不調😴😪😴😪😴😪

「睡眠負債」という言葉をご存知でしょうか。これは、毎日の睡眠不足が負債のように身体に溜まってしまう状態のことです。睡眠負債が溜まると、日中のパフォーマンスが悪くなるのはもちろん、免疫力の向上低下や、生活習慣病やアルツハイマー型認知症にかかるリスクが高まるなどの悪影響が出てきます。

 

4つのタイプの不眠症

不眠症は、下記の4つのタイプに分けられています。

 

入眠障害>>>寝付きが悪く、布団に入って寝つくまでに 30分~1時間以上かかる。不安やストレスが強いときに起こりやすいとされています。

 

中途覚醒>>>眠りが浅く、夜中に何度も目が覚めてしまう。また、1度起きた後はなかなか寝つけない。日本人に最も多い不眠のタイプといわれています。

❸早朝覚醒>>>朝、起床予定時間よりも2時間以上前に目が覚めてしまう。その後は眠れなくなる。 高齢者に多いタイプです。

 

熟眠障害>>>十分な睡眠時間をとったのに、よく眠れたという感じが得られない。このタイプでは、多くの人が他のタイプの不眠症を伴っています。

 

doctor.webmd.comで「HawaiiInsomania」と入力して検索すると、専門医のリストが出てきます。

 

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事