日刊サンスタッフのいいもの発見! ハーベスト・マットレス

 03/02/2019 : 111 Views

硬めのマットレスも種類豊富!

Made in Hawaii、高品質・低価格の専門店

 

一生のうち3分の1はベッドの上

人間の平均睡眠時間は1日約8時間。一生の3分の1をベッドの上で過ごしていることになるので、寝具にはこだわりたいところ。特にベッド・マットレスは、硬さや通気性など満足のいくものにしたいが、ハワイで販売されている標準的なマットレスは、布団文化で育った日本人には柔らかすぎて腰が沈んでしまうものが多い。そして、大抵通気性がよくない。かといって素材にこだわって探すと価格が何千ドルもしてしまう…。

「ハーベスト・マットレス」は、そんな悩みを一気に解決! なんといっても日本人が好きな硬めマットレスの種類を豊富に取り揃えている。すべて両面仕様で、サイズはツインからキングまであり、マットレスの厚さやスプリングの強度なども選べるので、妥協せずに自分に合ったマットレスを選ぶことができる。

 

 

 

ナチュラルな素材で、心地よい眠りを

ハーベスト・マットレスは素材にもこだわりがある。中でも高品質のナチュラル・ラテックスやココナッツ繊維を使ったマットレスは、一押しの逸品。ナチュラル・ラテックスのマットレスは、適度な硬さが就寝中の身体をしっかり支える一方で、腰や肩など凹凸のある部分にフィットするため、特に腰痛や肩こりでお悩みの方にはお勧め。さらに通常のマットレスよりもへたりにくく、長期間の使用が見込める。

もうひとつのお勧め、ココナッツ繊維のマットレスは、ハワイの気候下では欠かせない、通気性、通水性、吸湿性、放湿性に優れている。マットレスと身体の接点が蒸れることなく、朝まで快適な眠りをお約束。また、表面が圧縮成形されているため、ナチュラル・ラテックスよりも硬く、睡眠中の身体をしっかりと支えてくれる。

 

 

 

低価格のうえ、地域によって配送も無料

気になるお値段だが、$299からとリーズナブル。高品質のナチュラル・ラテックスでさえ、クイーンサイズで899ドルという安さだ。オアフ島内に自社工場をもっているため、この低価格が実現できるのだという。さらに、ワードのショールーム及びワイアナエの自社工場から10マイル以内の地域は、配送料が無料! 徹底的にこだわりたい方にはカスタムオーダーもおすすめ。ぜひ一度、ハーベスト・マットレスのショールームを訪れて、極上の寝心地を体感してみよう!(取材・文 佐藤リン友紀)

 


 

Harvest Mattress

331 Kamani St. A&B

【TEL】222-1610/762-9508

【営業時間】月〜金 10am〜5pm 土 10am〜4pm 日曜定休

【URL】www.harvestmattress.com

 

 

 

(日刊サン 2019.03.02)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事