和製スーパーフード 大豆の健康効果と 豆知識

 04/18/2018 : 234 Views

東アジアを中心に、古代から栽培され、食べられてきた大豆。数千年も食べられ続けている大豆には、驚くほどに豊富な栄養素が含まれています。納豆、豆腐、味噌、醤油、油揚げなど、日本人の食には大豆食品が欠かせませんが、この大豆を取り入れた食生活が、日本が長寿国である理由の1つと言われています。今回の健康特集では、大豆の栄養素や健康効果を中心に、知って楽しい大豆の歴史や豆知識などをご紹介したいと思います。

 

●●●●●● 健康に役立つ栄養たっぷりの大豆 ●●●●●●

 

全体の約3割を占める大豆のタンパク質には、必須アミノ酸(※)がバランスよく含まれ、血中コレステロールの低下や脂肪の燃焼などを促す効果があると言われています。また、良質の脂質、各種ビタミンやミネラル類などさまざまな栄養素が含まれているため、大豆は、アサイーやチアシードのような「スーパーフード」の1つに数えられています。

※必須アミノ酸とは、動物の生命維持に必要なアミノ酸のうち、体内で合成されにくいもののことで、人の必須アミノ酸としては以下の9種類があげられます。

必須アミノ酸 期待される効果
イソロイシン 疲労の予防と回復
トレオニン 新陳代謝を促す、脂肪肝の予防
トリプトファン 脳の活性化、精神安定、安眠
バリン 疲労の予防と回復
ヒスチジン 新陳代謝を促す
フェニルアラニン 脳の活性化、精神安定
メチオニン 脂肪の燃焼
リシン 脂肪の燃焼
ロイシン 疲労の予防と回復

 

【「デザイナーフーズ」の1つ】

 

1990年、アメリカ国立がん研究所(National Cancer Institute)で「デザイナーフーズ・プログラム」を立ち上げられました。このプログラムは、がんの抑制効果のある植物性食品を摂ることで予防を図るというもので、約40種類の食品が推奨されています。推奨された食品群は、抑制効果の高い順にピラミッド型に分けられていますが、大豆はその1番上の群に位置付けられています。2006年、アメリカの健康専門月刊誌『ヘルス』に発表された「世界の5大健康食品」にも大豆が含まれており、その他にスペインのオリーブ油、ギリシャのヨーグルト、インドのダール、韓国のキムチが選ばれています。

 

 

●●●●●● 大豆に含まれる栄養素 ●●●●●●

 

 

 

 

 

生薬としての大豆

 

MEMO

蒸した黒大豆を発酵させ、乾燥したものは、香豉(こうし)という生薬になります。これを煎じて飲むことで、発汗を促し、胃もたれ、消化不良、高血圧、動脈硬化、肥満、心臓病、疲労などの症状を改善すると言われています。香豉を含む漢方薬として、不眠症、口内炎、胃炎に効くと言われる梔子豉湯(しししとう)があります。

 

 

●●●●●● 大豆を摂る際の注意 ●●●●●●

 

遺伝子組み換え大豆を避けましょう大豆や大豆製品のパッケージには、「遺伝子組み換えではない」(英語では「Non GMO」)と表示されていることがあります。遺伝子組み換え大豆とは、具体的にどんなものなのでしょうか。

 

【除草剤や害虫に強い】

遺伝子組み換え大豆とは、遺伝子を組み替えてつくられた除草剤や害虫に強い大豆のことです。除草剤耐性品種は、除草剤を散布しても雑草だけが枯れて大豆は生き残るというもので、ミズーリ州に本社がある多国籍バイオ化学メーカー、モンサント社の「ラウンドアップレディ」という種類の大豆が有名です。また、バチルス・チューリンゲンシスという微生物の遺伝子を組み込んだ害虫抵抗性品種は、害虫が葉を食べると虫の消化管が破壊されて殺虫されるというものです。

 

【Non GMO食品を選びましょう】  

いずれも大量生産を目的として作られたものですが、遺伝子組み換え技術は大変不安定なもので、偶発的に健康に害を及ぼすことが考えられるため、さまざまな食品・健康機関が摂取を避けるよう注意を呼びかけています。遺伝子組み換え食品は、英語でGMO「Genetically Modified Orgasnisms」と言います。大豆やトウモロコシは、パッケージにNon GMOと表記されたものを選ぶようにしましょう。

 

【大豆イソフラボン】  

大豆イソフラボンには、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があることから、閉経後の女性のホットフラッシュや月経前症候群(PMS)の諸症状を緩和すると言われています。一方で、乳児、妊娠中・授乳中の女性、女性特有のがん発症リスクが高い方は大量摂取を避けた方がよいと言われています。厚生労働省の「統合医療』情報発信サイト(ejim. ncss.go.jp)および内閣府食品安全委員会(fsc.go.jp)では、上記に該当する人の大豆の摂取には注意をが必要とし、医療機関などへの相談を推奨しています。 また、妊娠の有無や年齢などに関わらず、大豆イソフラボンの過剰摂取によって引き起こされると言われている主な健康被害は以下の通りです。

●性ホルモンのバランスを崩すことによる体重増加や気分の落ち込み

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事