動物が持つ癒しの力♡心と体を健康にする アニマルセラピー

 07/07/2017 : 3071 Views

2万年前にクロマニヨン人が描いたフランスのラスコー洞窟の壁画には、肉や皮を採るための狩猟の対象として馬が描かれています。肉や乳を利用する目的で馬が家畜化したのは、紀元前3500年頃の中央アジアが最初と言われています。紀元前1500年頃には、移動や輸送、軍事用としても用いられるようになりました。  

日本へ馬が伝わったのは3世紀中頃(弥生時代末期)で、5世紀初め(飛鳥時代初頭)には乗馬の風習があったことが分かっています。

ラスコー洞窟の壁画に描かれた馬

 

【オアフ島でホースセラピーを受けられる施設】

セラピューティック・ホースマンシップ Therapeutic Horsemaship

乗馬レッスンやキャンプなどを通して馬と触れ合い、馬をパートナーとして認識することで、心身の強化を目指す施設です。

P.O. Box 138 Waimanalo  ☎︎342-9036 thhwaimanalo.org

ハート・ホーシス Heart Horses

きめ細やかなセラピーで定評のある施設で、グループでの参加も可能です。ボランティアも常時受け付けています。

Sunset Raunch 59-777 Pupukea Rd, Haleiwa

 

 

 

<参考URL>

日本アニマルセラピー協会 :animal-t.or.jp/animal-assisted-therapy  

ナーシングプラザ.com : nursing-plaza.com

Reuters : reuters.com   

The pets for the elderly foundation : petsfortheelderly.org

楽園綺譚 ameblo.jp/rakuenkitan

<参考文献>

『看護覚え書 看護であること看護でないこと』 フロレンス・ナイチンゲール/湯槇ます/薄井坦子 現代社

2011 Wisdom JP, Saedi GA, Green CA.

Another Breed of “Service”

Animals: STARS Study Findings about Pet Ownership and Recovery from Serious Mental Illness. 

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事