HAWAII! OISHII! ハワイイ! オイシイイ! Vol.36

 01/14/2017 : 371 Views

運動前に共役リノール酸をチャージ。

 

グラスフェッドヨーグルトとバター。

 

 

“GRASS-FED”のバターやヨーグルトを食べたことがありますか?

遺伝子組み換えをしたトウモロコシなどは一切与えず、本来のエサである“牧草(グラスフェッド)”だけを食べさせて育てた、牛から作った乳製品です。

ハワイでは数年前から見かけるようになっていたけれど、日本では今年初めて、フランス産のグラスフェッドバターが輸入された。ところがですよ、250gで2,700円という高さ。国産でも作られ、東北の牧場のグラスフェッドバターはなんと、100g で4,500円とベラボーなお値段。

いやいや、真っ正直に牧草だけでじっくり牛を育てれば、高くなる方が当たり前。1パウンド数ドルの安バターの方が怪しいわけでして。

子牛を育てるためのお乳をかすめ取って、ミルクの中のわずかな乳脂肪分だけを固めたバターは希少品。だからほんの少し、たまあに味わうべきだったのに、安く大量生産できるようになったから、食べすぎてメタボになって、バターは悪者扱いにされちゃって…。私たち人間は身勝手ですね。

 

 

グラスフェッド乳製品には、 ダイエットやガン予防効果が。

ところが昨今、牧草乳製品の健康効果が次々と脚光を浴びている。たとえば、

 

⃝草を食べることで合成したオメガ3を含有。

⃝ホルモンバランスを整えるビタミンや、脂溶性ビタミンが豊富。

⃝抗酸化作用のあるセレンが豊富。

 

などなどだが、注目の筆頭格は、ダイエット効果とガン予防効果が期待できる、“共役リノール酸”の存在だ。 共役リノール酸は1980年代に発見された、比較的新しい脂肪酸だ。紅花油やごま油に多いリノール酸とは親戚筋に当たるが、健康効果は真逆、正反対の働きをする。

リノール酸は、子供の成長を助け、髪や皮膚のターンオーバーに役立つが、現代人は摂り過ぎていて、アレルギーを助長する、大腸ガンを誘発するなどの悪影響が指摘されている。

一方、新顔の共役リノール酸は、2004年に脂肪を燃焼させるダイエット効果が発表され、世界中が注目。以後も、

 

⃝アレルギー予防効果。

⃝抗酸化作用。

⃝筋肉増強作用。

⃝乳ガン、皮膚ガン、胃ガン、肺ガンへの予防効果などが公表されている。

 

 

 

運動前に共役リノール酸! 代謝を高め、筋肉増強。

そんな共役リノール酸が豊富なグラスフェッドバターやヨーグルトは、ハワイでは手頃な値段で買えるのもうれしい。しかもおいしい! 養殖のマグロと天然のマグロでは、やっぱり天然モノに軍配が上がるように、人工的なエサで育てられたバターより、牧草だけでじっくり育てられた自然食品のバターの方が、風味もコクも格段に上。重くなく、すっきりさっぱりしている。

私は最近、泳ぐ前や走る前、クラッカーにハーブ入りのグラスフェッドバターを塗り、1・2枚食べてから出かける。運動する前に共役リノール酸を摂ると、燃えやすい体、筋肉がつきやすい体になるという。 めざすは夢のシックスパック!?

 

 

奥山夏実 おくやまなつみ●フリーランスライター


『クロワッサン』の特約記者を25年続け、東京を拠点にハワイは毎年、半年ほど滞在。近著に『ココナッツオイルバイブル1、2』、『HAWAII住むように暮らす』(ホノルルの博文堂でも発売中)など。


関連記事







その他の記事