Made in Hawaiiの実力  ハワイ産コーヒー編

 05/01/2015 : 2153 Views

朝目覚めると、部屋中に広がるコーヒーのいい香り。一日の始まりに、慌ただしい仕事の合間に、気のおけない友達との楽しいおしゃべりにも、私たちの生活のちょっとしたひと時を彩り、寄り添ってくれるのがコーヒーという飲み物なのかもしれない。

ハワイ州は、カリフォルニア産コーヒーが登場する数年前まではアメリカで唯一のコーヒーの産地であり、その品質は今や世界中から評価されている。

 

big_island_coffee_roasters_fifty_shades_copyw

 

 

そんなハワイ産のコーヒーのことをもっと知るために、ここからはハワイコーヒー協会(HCA)のクリスさんにナビゲートをお願いしよう。

 

Chris

 

Chris Kossowskiさん

ハワイコーヒー協会

ビッグアイランドコーヒーロースター

Business Development Director

 

 

 

ハワイ産コーヒーの歴史

 

ハワイでコーヒーの栽培が始まったのは、およそ200年前。ハワイ王国オアフ島の統治者ボギが、英国からの帰途にブラジルへ寄港し、ブラジル産アラビカ種のコーヒーの木をハワイに持ち帰ったのが始まりとされています。オアフ島マノア渓谷で実験的に始められたこのコーヒー栽培は上手くいきませんでしたが、宣教師のサミュエル・ラゲルズが観賞用にとハワイ島に持ち帰ってみたら、これが瞬く間に成長。しかし、この時代にはまだ本格的なコーヒー栽培にはいたりませんでした。ハワイ島コナの地でコーヒーの栽培が始まったのは、1840年代。しかし、1850年代には害虫と疫病、そして労働力不足のため、いったんハワイのコーヒー産業は衰退し、代わりにさとうきびの栽培が盛んになります。その後、1890年の世界的なコーヒー価格の急騰により、ハワイでも大規模なコーヒー栽培が始まりました。しかし、10年も経たないうちに供給過剰による価格の暴落が始まり、ハワイは、またサトウキビの栽培に戻ります。しかし、ハワイ島のコナ地区だけはサトウキビ栽培には適さない土壌だったことが幸いして、コーヒーの栽培が続けられました。この時代に大規模農園主が小作人に土地を貸し付けるという方法により、小さなコーヒー農園がたくさん登場し、それが現在に引き継がれているということです。その後も第一次世界大戦の軍による買い上げや、大恐慌によりコーヒーの価格は乱高下。コーヒー産業も衰退とブームを繰り返します。1970年代にコーヒー豆の輸出が盛んになると同時に、ハワイに初のコーヒー焙煎機が持ち込まれ、ハワイ産コーヒーは、ディスティネーションコーヒーとして世界的な名声を獲得していくことになります。

 

ピーベリーってなに?

ハワイ産コーヒー豆の種類と特徴

 

ハワイコナ、そして最近人気のカウコーヒー。小規模な農園で熟した豆を厳選して手摘みされるハワイ島産のコーヒー豆はおいしくてやっぱり人気。ハワイ島産のコーヒーは、ヒロ、コナ、カウ、ハマクアなど生産される地域の名前がブランド名として呼ばれることが多く、マウイ島、カウアイ島などでは島の名前がコーヒーの名称となっています。オアフ島のワイアルアコーヒー、モロカイ島のミュールスキナーなども地域の名前で呼ばれていますね。よく耳にするピーベリーというのは、種別ではなく、1つのコーヒーの木から約5%ほど収穫される最高級の豆のこと。通常コーヒーチェリーの中には2つのコーヒービーンズができるのですが、ピーベリーというのは、一つのコーヒーチェリーの中に豆が一つだけのものをいうんです。ピーベリーは良くも悪くもそのコーヒーの木の特徴を強調するので、美味しい豆なら美味しさがより際立ち、逆に美味しくない豆の場合は・・・ご想像の通りです(笑)。

 

 

ハワイ産のコーヒーを

よりおいしくいただくには?

 

lgf01a201301020100w

 

コーヒーの焙煎にはライトからイタリアンまでの焙煎度があり、フルシティーミディアムまでが、豆本来の味を楽しめます。ハワイ産のコーヒーは、酸味がありミディアムボディーのさわやかな味なので、焙煎にはミディアムからフルシティーミディアムまでが最適です。

 

 

コーヒーにもある新コーヒー

「フレッシュクラップ」

 

ワインならボジョレーヌーボー、お米なら新米、じゃがいもなら新じゃが。若いコーヒーを味わうフレッシュクラップは、今年の豆の出来の品評会。コーヒー豆は収穫後、6カ月寝かせるのが最適とされますが、フレッシュクラップでは3カ月の若いコーヒーを味わいます。味にうるさいグリーンバイヤーたちの評価では、どうやら2015年はマウイモカが最高の出来のよう。是非試してみてください。

 

銘柄別の香りの研究でコナコーヒーは

集中力を高める効果が抜群と判明!

 

カップから立ち上ってくるコーヒーの香りにうっとり。人を幸せにしてくれるあの香りには、人の脳に影響を与え、「癒し」と「集中力」を高める効果があることが、杏林大学医学部の古賀良彦教授の研究で明らかになった。社団法人全日本コーヒー協会の報告によると、古賀教授は、香りには心を揺さぶる力があるという点に着目。被験者の頭に電極を貼ってリラックス効果を表す「α波」と集中力を表す「P300」という脳波の動きを、世界のコーヒーの銘柄別に調べたところ、ハワイコナの香りには「P300」という情報処理速度を示す脳波がブルーマウンテンやグアテマラといった銘柄よりも早く現れたという。大事なプレゼンテーションの前には、コナコーヒーを一杯飲んで、集中力をより高めたいところだ。

 

img_doctor1-5

資料提供:全日本コーヒー協会

 

コーヒーの中に隠された健康効果!

 

カップ一杯のコーヒーと新聞を用意して、お気に入りの場所で一日を始める。それだけでも十分幸せだが、コーヒーにはもっともっと凄い効果が隠されていたことが、最近の研究で、続々と明らかにされている。

 

全日本コーヒー協会の報告によるコーヒーの健康効果は以下の通り

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事