現地からお届け! 海外Food Trend【カナダ・モントリオール編 vol.5】

 07/23/2017 : 664 Views

 

今回ご紹介するのは、オープンから約80年経っても行列の絶えないスモークミートレストラン『Schwartz’s』!

 

●ずーっと変わらぬ味

スモークミートサンドウィッチが大人気のレストラン『Schwartz’s』は、ケベックに移民をしてきたルーマニア人のReuben Shcwartzさんが1982年にオープンしました。

彼が亡くなったあと経営者が変わり、現在では4人のビジネスオーナーがお店を支えています。その4人のうちの1人はなんと有名歌手セリーヌ・ディオンの旦那さんRene Angelilさんです。

店内は、日本の昔ながらの小さな定食屋さんを思い浮かべるような雰囲気で、混み合う店内は相席があたりまえ。とくに午前10時以降のランチの時間には、外にまで長い行列ができるほどです。並ぶ列には観光客はもちろん、モントリオールの住人も一度食べたら癖になる味を求めてやってきます。

 

 

オーナーが変わってからも約80年、秘伝のハーブとスパイスの調合、仕込み方法は変わっておらず、オーダーを受けてからカットされるジューシーなスモークミートとイエローマスタードの相性はバツグン。

どんなハーブとスパイスが使われているのか気になるところですが、それを知っているのはレストランで働いているたった一部のスタッフだけで、外に漏れないよう厳重に守られているのだとか。

スモークミートは赤肉、ミディアム、ミディアムファット、ファットの4種類からお好みで選ぶことができます。中でも人気が高いのはミディアムとミディアムファット。スモークミートがぎっしり詰まっていますが、ミディアムファットを選んでも重たさはありません。

スモークミートサンドウィッチは9.60カナダドルとリーズナブルです。一緒に酸味の効いたピクルスとブラックチェリーソーダを注文するのがモントリオーラーの定番。甘さ控え目のブラックチェリーソーダとのバランスがこれまた絶妙なんです。

 

 

たくさんの人が出入りする狭い店内で食べるのがこのお店の醍醐味でもあるのですが、ゆっくり食事をしたいという方はテイクアウトをして、モントリオール市内にたくさんある公園でピクニックをしながら食べるというのもおすすめです。サンドウィッチではなくスモークミートだけテイクアウトすることもできるので、ホームパーティーにもぴったりです!

土曜日の営業時間はなんと朝8時から夜中の2時30分までというところも驚き。平日でも0時30分まで営業しています。夜遅くまで営業していることが、長年愛されている理由のひとつかもしれませんね。

とても人気で有名なSchwartz’sは、フランチャイズの計画も断っているとのことで、この店舗でしか味わうことができないスモークミートです。

約80年続いている老舗ですが、今でもトレンドとして名があがり続けています。観光で訪れたときのランチには絶対おすすめです!

 

 

 

MaiTam

19歳の時、留学で初めて来たモントリオールの街に一目惚れ。 それ以来、日本とモントリオールを何度も行き来しています。たくさん食べ歩いて見つけた、ローカル Food Trendをモントリオールの街並みと一緒にご紹介していきます★

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事