現地からお届け! 海外Food Trend【カナダ・モントリオール編 vol.3】

 06/30/2017 : 653 Views

今回のローカルFood Trendモントリオール編では、メキシコ料理=タコスではないということを教えてくれ、もっとメキシカンを好きになることができるお店をご紹介します!

 

●落ち着いた雰囲気のメキシカンレストラン

ご紹介するのは「Chipotle et jalapeno(チポトレ エ ハラペーニョ)」というお店。モントリオール市内ビレッジ地区に位置し、大きなショッピングモールがあるダウンタウンから地下鉄で5分程度の場所にあります。

道沿いに大きな窓があるので、1階席はとても明るく落ち着きのある雰囲気。階段を降りると地下にも席があります。1階とは雰囲気が少し違い、石造りの壁がお出迎え。ディナータイムやお酒をしっとり楽しみたいという方には地下が特におすすめです。

ブランチタイム(土曜日・日曜日の10amから3pmまで)にお店に行くと、嬉しいサービスがあると噂を聞きつけ、ブランチの時間帯に行ってきました。

メニューを見てみると、すべてのお料理にフルーツサラダ、ジュース、コーヒー(飲み放題)がサービスでついてくるとのこと!

 

 

とてもフレンドリーな店員さんが「コーヒーおかわりいかがですか?たくさん飲んでね~」と頻繁に周ってきてくれるので、ゆっくり過ごしてついつい長居…という方も多いみたいです。

私が注文したのは“a la mexicana”というお料理。薄焼きのコーントルティーヤにブラックビーンズのソースをかけたお料理に、フレッシュトマトと玉ねぎ・コリアンダーを混ぜ合わせたスクランブルエッグ付き。

ブラックビーンズのクリーミーな味わいの中に程よい塩気があり、コーントルティーヤとの相性もばっちり。付け合わせのスクランブルエッグはビーンズでまろやかになったお口の中をあっさりとしてくれ、飽きることなく食べることができます。

ブランチ・ランチ・ディナーでお料理の顔ぶれが異なるので、1度行くとまた来たい!と思えるお店です。今までメキシコ料理と言えばタコスと思っていた私の考えを見事に覆してくれ、どんどんお店の世界に引き込まれていきました。

店内のパティスリーにてケーキの販売もしていますし、メキシコ料理には欠かせないチリソースやハーブなどの物販の販売もしています。

お友達や同僚の方とのお食事でも、デートでもどんなシチュエーションにもぴったりなお店です。時間帯によっては混んでいることがあるので念のためご予約することをおすすめします。

 

●モントリオール:オリンピックスタジアム

1976年にモントリオールで夏季オリンピックが開催されました。現在でもオリンピックスタジアムが残っており、プールや野球・サッカーの試合会場として利用されています。

スタジアムにはタワーがあり上まで登ると、モントリオール市内を眺めることができるので訪れた際には必ず行きたい場所です。

また、同じ敷地内に「Biodome」という環境博物館があり、熱帯地や寒冷地などの環境を再現し、動物や植物など南北米大陸の自然を体験することができます。中でもカナダで有名なビーバーを間近で観れるのが魅力的。おすすめのスポットです!

 

 

 

MaiTam

19歳の時、留学で初めて来たモントリオールの街に一目惚れ。 それ以来、日本とモントリオールを何度も行き来しています。たくさん食べ歩いて見つけた、ローカル Food Trendをモントリオールの街並みと一緒にご紹介していきます★

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事