現地からお届け! 海外Food Trend【カナダ・モントリオール編 vol.4】

 07/07/2017 : 737 Views

 

世界的にも大人気の日本料理ですが、私のいるモントリオールではなんと市内に約220軒もの寿司レストランがあるんです! この数から、モントリオールでいかにお寿司の人気が高いかということがよく伝わってきますよね。

今回はその数あるレストランの中で、モントリオールで最も有名なシェフがいるレストランをご紹介いたします。

 

●モントリオールで最も有名なシェフ

シェフの名前はAntonio Parkさん。彼がオーナーシェフをしているレストランはモントリオールのWestmount地区にある「Park」です。

Parkシェフは個人輸入で新鮮な海鮮を生きたまま日本から仕入れており、彼が仕入れた素材の新鮮さは保証されています。また、神戸ビーフの輸入のためのライセンスをカナダ国内で初めて取得したシェフでもあります。

カナダ国内のシェフが集まり、勝ち抜き形式で料理のスキルを競う大人気の番組“Chopped Canada”に審査員として出演したことをきっかけにモントリオールからカナダ全国規模で彼の名を広めることとなりました。

モントリオールのローカルアイスホッケーチーム・モントリオールカナディアンズの選手や有名歌手も訪れているこのレストランは予約が必須。たとえ平日であっても早めに予約をしなくてはテーブルの確保は難しいのでご注意。

 

●人気の理由

他の寿司レストランでは冷凍の魚介類を使っているところがほとんどですが、このレストランでは冷凍ものに出会うことはありません。食材のフレッシュさが、納得の味を作り上げているのです。このレストランに行って、初めて魚が口の中でとろけるという感覚を知ったという人の声があがっているほど。

Parkレストランで多くの人がオーダするもの、それは「シェフおまかせ」です。メニューにある料理の品名をお伝えするほうがイメージしやすいと思いますが、このレストランではおまかせがダントツの人気メニュー。

彼がその日に厳選した食材を使って提供されるにぎり寿司はまるでアート。彼の手に任せれば間違いありません。高級食材の生ウニやトロを味わうことができるのも魅力的です。また、キングサーモンの握りにカナダ特産のメープルシロップを薄く塗り、枝豆バジルソースをトッピングした独創的な寿司も期間限定で提供されています。

韓国人の両親を持つParkシェフはアルゼンチンで生まれてから世界を転々としてきました。寿司に興味を持ったのは、「日本料理は韓国料理と似ているが、よりあっさりしていてデリケート」である部分だそうで、日本に住み調理学校に通い、東京や大阪で修行しました。彼の寿司の中にはルーツである韓国やこれまで住んできたノースアメリカ、ラテンのテイストをほんのり感じることができます。シェフは「それがParkだ」と料理で自らを表現していると言っています。料理の盛り付けからも彼の独創的な世界を垣間見ることができます。

 

●柔軟な対応が人気を呼ぶ

Parkレストランではオーガニック・グルテンフリー・ヴィーガンなどの要望を事前に伝えるとそれに対応した料理を提供してくれます。

国際色豊かでヘルシー志向の人が増えてきているカナダでは、こういったサービスがキーポイントとなっているのは確かです。

いつ行ってもたくさんのお客さんで賑わうParkレストラン。おしゃれな店内に足を踏み入れると、プロフェッショナルなサービスが心地よく、会話も箸もどんどん進んでいきます。

モントリオールで本物のお寿司に出会うならここに決まり!

 

MaiTam

19歳の時、留学で初めて来たモントリオールの街に一目惚れ。 それ以来、日本とモントリオールを何度も行き来しています。たくさん食べ歩いて見つけた、ローカル Food Trendをモントリオールの街並みと一緒にご紹介していきます★

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事