人気料理研究家 藤沢セリカさんの【スーパーフード活用法 Vol.2 若々しい体を手に入れて保つために毎日食べるコツ】

 05/31/2017 : 1356 Views

〜 鶏肉とキヌアのカラフルリゾット 〜

カラフルで栄養価の高いリゾット。そもそも色が鮮やかな野菜は栄養価が高く、抗酸化も強いのでスーパーフードの仲間に入ります。良質のタンパク質が豊富で低脂肪の鶏ささみと一緒に食べれば夜食でも怖くない!?

 

<材料 2人分>

・キヌア(生のまま) 1/2カップ

・鶏胸肉 1/2枚

・パプリカ(赤、黄) 各1/2個

・いんげん 50g

・オリーブオイル 大さじ1

・にんにく(みじん切り)小さじ1/2

・玉ねぎ(みじん切り) 1/2個

・酒 大さじ1

・豆乳 200㏄

・粉チーズ 適量

・オリーブオイル 少々

・イタリアンパセリ 少々 スープ

・水 200㏄

・コンソメ(顆粒)小さじ2

 

<作り方>

①キヌアはよく洗い、ザルに上げて水気をきる。

②鶏胸肉は食べやすい大きさに、パプリカ、いんげんは1cm角に切る。

③スープを作る。鍋に水、コンソメを入れて中火にかけ、コンソメを溶かす。

④フライパンにオリーブオイル、にんにくを入れて弱火にかける。香りが立ってきたら玉ねぎ、②の鶏胸肉を加え、中火で炒める。

⑤④に②のいんげんを入れて炒める。

⑥⑤に酒、①、③を加え、蓋をせずに煮込む。

⑦水分がなくなってきたら豆乳を入れ、弱火で煮込む。

⑧水分が1/2になったら②のパプリカを入れ、さらに煮詰める。塩、コショウで味をととのえる。皿に盛り、粉チーズをかけ、オリーブオイルを回しかけ、イタリアンパセリを飾る。

 

 

藤沢セリカ

ハワイ・アイランド料理研究家。アンチエイジングアドバイザー。ハーブコーディネイター。 料理研究家の母から料理を学ぶ。ハワイ滞在と子育てをきっかけに料理研究家へ。その後さまざまな国へ渡り、現地のレストランなどで修業し、多国籍料理への造詣を深める。多国籍料理ベースのオリジナリティある家庭料理をTV、雑誌、書籍などで発表し、好評を得る。著書に「おうちでハワイアンごはん60」(宝島社)、「Theハワイアンパンケーキレシピ」(河出書房新社)、共同監修書に「ハーブとスパイスの図鑑」、料理担当書に「ワインの図鑑」(マイナビ)などがある。 「ケトジェニックダイエットレシピ」(河出書房新社) 「ボケを遠ざけるココナッツオイルレシピ」(河出書房新社) 「ココナッツ君の出番です!」(スターダスト出版)

オフィシャルホームページ「アロハデリ」 http://www.aloha-deli.com

1 2

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事