カアアコのコンドミニアムに 人気の寿司レストラン出店

 05/09/2017 : 1065 Views

セントラルオアフのアイエアとイーストオアフのカハラに店舗がある人気の『クルクル寿司レストラン』が、カカアコにも新規店舗を開店する事が分かった。同レストランはメニューが可動式の端末に表示される回転寿司店。キャッスル&クック・ハワイズが手掛ける400ケアウェと名付けられた956階建てのコンドミニアムの1階に今夏オープンする予定だ。

ケアウェとアウアヒストリートの角に位置した1.5エイカーの土地に建つ低層ビルの1階には1万スクエアフィートの商業スペースを有する。400ケアウェの商業区画を現在所有しているのはカメハメハ・スクール。カメハメハ・スクールの広報担当アロン・ドート氏は『クルクル寿司』が、400ケアウェ・ストリートの山側の大部分を占める『ケアウェ・リテイル・ショップス』に出店するリース契約を締結したと26日に発表した。

カメハメハ・スクールの『ザ・フラッツ・アット・プウヌイ』と呼ばれる440ケアウェ・ストリートの88室の賃貸住宅プロジェクトも進行している。

クルクル寿司の最新店舗は『お!総菜・バイ・クルクル』と名付けられる予定で、カメハメハ・スクールの85000スクエア・フィートの複合施設『ソルト・アット・アワー・カアアコ』の向かいに位置する。

400ケアウェの1階には他にも『アイランド・アージェント・ケア』や『リ/マックス・ホノルル』が加わる予定。

クルクル寿司を率いるのは1983年に日本からハワイへ拠点を移したギンシャリ社。1984年にホノルルのカパフル・アヴェニューでゴンベイ・レストランを開業し、その後1999年にサウス・キング・ストリートでハナビ・レストランを開業。2002年にパール・カイ・ショッピングセンターにオープンしたクルクル寿司には、常に訪問客の長い列が出来ている。


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事