4月8日は花祭り

 04/07/2017 : 681 Views

花祭りは、仏教の開祖であるお釈迦様の誕生日を祝う行事で、灌仏会(かんぶつえ)、仏生会(ぶっしょうえ)とも呼ばれます。発祥地はインドで、日本には奈良時代に伝わりました。「花祭り」という名称は、明治時代に浄土宗で採用されました。以来、宗派を問わず「灌仏会」の代名詞となっています。南伝仏教では「ウェーサーカ祭」と呼ばれ、チベット、インド、タイ、カンボジア、台湾、香港などでも行われています。

 

 

◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊『お釈迦さまの誕生』◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊

 

 

仏教の聖地、ルンビニの花園

紀元前623年、インド歴第2の月、ヴァイシャーカ月(グレゴリオ暦4〜5月。北方伝では旧暦4月8日)の満月の日、お釈迦さまの生母で、釈迦族の王、シュッドーダナ(浄飯王)の后、摩耶夫人は、お産のためデヴァダハにある実家に里帰りする途中、現在のネパール南部、タライ平原にあるルンビニ (藍毘尼) の花園に立ち寄りました。

 

 

 

シャカ・プスカリーニ ©Basanta Bidari http://www.dtac.jp/

 

 

摩耶夫人の脇の下から誕生

当時、ルンビニの花園は、人々の娯楽やレクリエーションのための場所でした。摩耶夫人は、歩きながら花園を楽しんでいましたが、急に陣痛が始まったため、園の中央に位置ある池「シャカ・プスカリーニ」で身体を清め、お産の際に支えとなるものを探しながら、北の方角へ25歩進みました。そこに花が満開のアショーカ(無憂樹)の木(南方伝ではサール=娑羅双樹)があったので、支えにしようと、右手を伸ばして枝を手折ろうとした時、摩耶夫人の脇の下からお釈迦さまが姿を現しました。それから、たくさんの美しい花々が降るように咲き乱れ、8頭の龍王が天から舞い降りて甘露の雨を降らせ、それを産湯として、お釈迦さまを洗い清めました。

 

「六道輪廻」を超えて転生

誕生したお釈迦さまは、東西南北、四方にそれぞれ7歩歩み、右手で天を、左手で地を指し「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんがゆいがどくそん)と言いました。7歩歩んだというのは、迷いを持ったものが輪廻する苦しみに満ちた世界「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上」の六道輪廻を越えたということを表しています。また、7の数字は「永遠」を表わすことから、お釈迦さまが人々の苦しみを救うため、永遠に歩み続けるということも示しています。

 

 

◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊仏教寺院で行われる花祭り◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊◊

 

 

釈迦さま誕生のエピソードにちなんで、日本の仏教寺院では「花御堂」という花園に見立てた小さなお堂を作り、法要を行います。お堂の中には「灌仏盤」を置いて甘茶を入れます。盤の真ん中の水盤には、お釈迦さまの生誕時の像「誕生釈迦仏」を祭ります。参詣人たちは、この釈迦像の頭から、竹の杓子で甘露の雨に見立てた甘茶を注ぎ、拝みます。

 

 

 

花祭りの主役、誕生釈迦仏

写真は、東大寺ミュージアムに安置されている「誕生釈迦仏立像」です。1952年、像の周囲の受け皿「灌仏盤」と一具で、国宝に指定されました。奈良時代、天平勝宝4年(752年)に行われた大仏開眼会のために制作されたという説と、聖武天皇の一周忌以降に制作されたという説があります。高さは47.5cmで、銅製です。腕や胴のくびれを明確に造ることで、幼児の体形が表現されています。像の周囲の受け皿は「灌仏盤」といい、香水(甘茶)を受けるためのものです。灌仏盤の直径は約89cmで、立ち上がり部分には、魚々子地(ななこじ・先が点状の刃になったたがねを打ち込み細かい粟粒を置いたように見せる技法)に、山、雲、草、花、木、鳥、蝶、獅子、麒麟、童子、飛仙などの図柄が彫られています。

 

 

 

聖なる動物、白い象

【托胎霊夢】  

花祭りには、白い象が登場します。寺院によって、お釈迦さまの像が白い象の背中に乗っていたり、像の隣に白い象の置物を置いたりと、登場の仕方はさまざまです。これは、大乗仏教の経典『方広大荘厳経』(ほうこうだいしょうごんきょう、ラリタ・ヴィスタラ)に「摩耶夫人が35歳の時、6本の牙を持つ白い象が、右脇下から胎内に入る『托胎霊夢(たくたいれいむ)』を見、次の日にお釈迦さまを身ごもった」と記されていることに由来します。方広大荘厳経には「天界で暮らしていた菩薩が、ある時、地上の生きとし生けるものを導き悟すという自分の使命を思い出したため、天界のことは弥勒に託し、白い象に乗って摩耶夫人の胎内に入り、釈迦として生まれ変わった」とも記されています。

 

 

【六牙の白象】  

白色には最上、最善という意味があり、誕生仏が白い象に乗っている姿は、お釈迦さまが「最上の人」であることを象徴しています。また、6本の牙は、「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」または「六波羅蜜(ろくはらみつ)」を表しています。

 

白象に乗った普賢菩薩像(東京国立博物館蔵)

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事