菊の季節

 11/19/2018 : 438 Views

秋も深まり、日本では菊の花の美しい季節に。紅葉と並んで秋を象徴する菊は、様々な形で日本人の暮らしの中に溶け込んできました。五節句の最後である重陽の節句、薬用や長寿を願った習慣など、菊にまつわるあれこれをご紹介します。

 

重陽の節句の起源

旧暦9月9日は五節句のひとつ、重陽(ちょうよう)の節句です。新暦の10月中頃にあたり、菊の花の季節のため「菊の節句」とも呼ばれています。現代では、他の節句に比べるとあまり知られていませんが、昔は1年の五節句(1月7日の人日、3月3日の上巳、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽)を締めくくる行事として盛んに祝われていました。 発祥は古代中国  重陽の節句の発祥は古代の中国で、漢代(前206〜後220)には既に庶民の間でも行われていたと考えられています。前漢の逸話集『西京雑記』には、劉邦(前256〜前195)の愛妾だっや戚夫人が殺された後、宮廷から追放された侍女の賈佩蘭が「9月9日は宮廷では茱萸(ぐみ)を肘から提げ、菊酒を飲んで長寿を祈った」と人に話したことから民間でも祝われるようになったと記されています。また、唐代(608−907)初期に成立した『芸文類聚』(げいもんるいじゅう)には、重陽の日、前漢の魏の文帝が部下の鍾繇(しょうよう)へ菊の花を贈ったというくだりがあります。その他、郊外の丘陵地など、少し高い所に出掛けて行き、遠くを見る「登高」という習慣もありました。李白(701−762)の『九月十日即事』には、重陽の節句は2、3日にわたって祝われていたと記されています。現代中国の重陽の日は、日本の敬老の日のような「高齢者の日」に定められています。

 

9月9日が「重陽」と呼ばれる理由  「重陽」の名前の由来は、中国の思想に端を発する陰陽思想。陰陽思想では、奇数は「陽」の数と考えられているため、月と日で一桁では最大の奇数が重なる9月9日を「重陽」と呼ぶようになりました。陽というと明るいイメージがありますが、古代中国の陰陽思想では、3月3日や5月5日などの月日で奇数の重なる日は「陽の気が強過ぎるため不吉」と考えられていました。現在も各々の奇数の月日に節句が行なわれますが、これには元々、不吉を祓うという目的がありました。中でも9は1桁のうちで最大の陽数のため、特に陽の強さの度合いが大きい節句と考えられていました。しかし、いつしか陽数の重なる日は「陽の気が強いため吉祥」という真逆の考え方に変わり、現在のような不老長寿や繁栄を願う行事となりました。

 

古代中国で「九」は最高の数

古代中国では、すべての根源「太極(太一)」が「両儀(陰と陽)」を生むた考えられていました。両儀は「四象」に分かれ、四象が「八卦」に分かれて天地と一致してすべての現象になるという「易の原理」が成立していました。「陰」と「陽」は対立し、互いに消長をくりかえしますが、「陽」が「極」に達すると「陰」がきざし、「陰」が「極」に達すれば「陽」がきざすと考えたのです。  数字の「十」は全数として数の頂点にたつのですが、「満つれば欠くる」という哲学から考えると好ましくないため、「九」を「満ちて極まっている数」として「陽の極数」と考えたのです。九は最高の数であり、天の数、天子の数として神聖視されました。  さらに、九は「糾」「鳩」に通じるので「集まる」の意味を持ち、「完成させる」という意味を持つに至りました。古代中国では、天を九つに分けて「九天」といい、中国全土を「九州」といいました。また、宮廷の飾りを「九華」、天子の宮殿の門を「九門」、天子の御所を「九禁」といいました。九が最高の徳を表す数として、最も丁重に客人を迎えるときの礼が「九頓首」であり「九献」でした。これが後に日本の文化と融合して、「九頓首」は「三拝九拝」となり、「九献」は結婚式の「三三九度の盃」となったのです。

 

重陽の節句 日本での歴史と習慣

別名「菊の宴」  

 

重陽の節句は、平安時代初期、宇田天皇の時代に中国から日本に伝わったと言われています。「菊の宴」とも呼ばれ、当時は宮中の年中行事の1つ「重陽の節会」として、内裏の紫宸殿(ししんでん)で行われていました。重陽の節会では、天皇を始めとした貴族たちが集まり、漢詩を詠みあったり、菊を鑑賞したり、菊の花弁を浮かべ香りを移した菊花酒を酌み交わすなどして、繁栄や長寿を願いました。

 

菊の被綿(きせわた)  

 

重陽の前夜は、女官たちが菊の花に綿を被せて菊の香りと夜露を染み込ませ、菊の被綿を作りました。そして翌日の重陽の日にその綿で顔や体を拭くと、長寿や若返りが叶うと言われていました。菊には翁草、齢草、千代見草という別名がありますが、古代中国では、菊は仙境に咲き、邪気を祓い寿命を伸ばす力があると信じられていました。被綿については『枕草子』『紫式部日記』『弁内侍日記』など、多くの古典文学に記されています。平安時代以後の重陽の節句では、白菊に黄色の綿、黄菊に赤い綿、赤菊に白い綿を被せたり、重陽の日に菊が咲いていなかった場合は、綿で菊の花を作るという習慣もありました。

 

その他の習慣

◇菊湯…菊を浮かべた湯船に入り、花と香りを楽しみます。

◇菊枕…菊を詰めた枕のことで、これを使って眠ると香りが邪気を祓うとされていました。

◇菊合わせ…育てた菊を持ち寄り、優劣を競うイベント。現代でも、重陽の節句の時期に菊まつりや菊人形展が開催されています。

茱萸嚢(しゅゆのう)…呉茱萸(ごしゅゆ)の実を緋色の袋に入れたもの。身に着けたり、飾ることで厄祓いをします。

 

紫式部と菊の被綿

平安時代の才女、紫式部は『紫式部集』という和歌集の中で、菊の被綿について次のような歌を詠んでいます。 「菊の花 若ゆばかりに袖ふれて 花のあるじに 千代はゆづらむ」 意訳:被綿の菊の露で身を拭えば1000年も寿命が延びると聞きます。しかし私は、若返る程度に少し袖を触れさせていただき、1000年の寿命はこの花の持ち主であるあなた様にお譲り致しましょう。  一条天皇の中宮で藤原道長の娘・彰子に仕えていた紫式部は、重陽の日、藤原道長の北の方・倫子から菊の被綿を贈られました。平安時代、綿はとても高価なものでもありました。紫式部は嬉しく思ったものの、自分には身分不相応なので遠慮したいという気持ちを歌に詠み、被綿を返そうとしたと言います。当時の藤原家の栄耀栄華と紫式部の思慮深さが偲ばれます。

 

嵯峨菊

嵯峨菊とは、嵯峨天皇(786−842)が京都嵯峨に自生していた野菊を宮廷風に育成したという古代菊のことです。気品ある姿と香りを持つ嵯峨菊は、京都大覚寺で門外不出の花となっています。嵯峨菊は一鉢に三本が仕立てられ、高さは約2㍍にまで育てます。これは、かつて貴人たちが殿上から鑑賞するために高く育てられたといういわれがあります。  嵯峨菊は、下に七輪、中に五輪、先端に三輪しつらえて「七五三」とし、下が黄色、中は緑、先端は淡緑に仕立てられた葉は春夏秋冬を表しています。糸状の花びらは54弁、長さは10センチほどが最も美しいとされています。花は広がって咲き始め、その後、花弁が立ち上がって茶筅(ちゃせん)のような形になります。

 

 

重陽の節句にまつわる行事

 

上賀茂神社の神事「烏相撲」  

京都市の上賀茂神社では、重陽の日に烏相撲という神事を行います。烏相撲の歴史は古く、平安時代まで遡ります。当時、上賀茂神社では氏子の子どもによる相撲が行われていましたが、祭神の祖父・賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が神武天皇の東征の際に巨大な八咫烏(やたがらす))になって先導を務めたことと、悪霊を退治する信仰行事としての相撲が結びつき、烏相撲が行われるようになりました。本殿で神事が行われた後、境内細殿の前庭で、弓矢を持った烏帽子・白針姿の刀祢(とね)が、横跳びをしながら烏の鳴き真似をして、小学生たちが相撲をとります。平安時代は、巫女として奉仕した未婚の内親王、斎王が代々烏相撲を観覧したと言われています。鎌倉時代に斎王制度が絶えた後も、烏相撲では毎年斎王の席が用意されていました。平成3年(1991年)には、約800年振りに斎王(葵祭の斎王代)が烏相撲を観覧し、話題になりました。

 

後の雛(のちのひな)  

「後の雛」とは、3月3日の桃の節句で飾った雛人形を半年後の重陽の節句で再び飾り、人形の虫干しをしながら長寿と健康を願い厄除けをする風習のことです。江戸時代、貞享年間(1684〜1688)頃に始まり、庶民の間に広まったと考えられています。8月朔日(1日)に行なうこともありました。俳諧歳時記『滑稽雑談』(1713年)には「今また九月九日に賞す児女多し、俳諧これを名付けて後の雛とす」「二季のひゝなまつり、今も京難波には後の雛あるよしなれど、三月の如くなべてもてあつかふにはあらずとなむ、播州室などには八朔に雛を立るとぞ」という記述があります。

 

お九日(おくんち)

江戸時代、重陽の日は「お九日」とも呼ばれていました。「供日」「宮日」ともいいます。関東地方では9月の9日、19日、29日を「三九日(みくんち)」といい、それぞれ「初九日」「中の九日」「しまい九日」と呼んで大事な節目としていました。「みくんち」に秋茄子を食べると中風にならないという言い伝えから、茄子料理を食べる習慣もありました。北関東の農村部では、収穫後の骨休みや収穫祭という意味もあり、「刈上げ節供」と言って、特に稲が収穫された後の9月29日が重んじられていました。

 

 

1 2 3

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事