突撃!みんなのアンケート 日本人観光客編

 05/03/2015 : 681 Views

みなさんこんにちは。レポーターのゆうこです。

ハワイにとって日本人観光客の皆さんは大のお得意様。これからもハワイの観光業界で燦然たる存在感を放っていてほしいということで、アラモアナやワイキキといった日本人観光客のみなさんがワンサカいそうな場所で突撃インタビューを行ってきました。

 

楽園ハワイにきたら、突然現れたリゾートに不釣り合いなオフィスルックのレポーターに戸惑う人、詐欺じゃないかと警戒感を示す人(そりゃそうです。それが普通の感覚ですよ、みなさん)と反応は様々でしたが、やっぱり日本人は優しい。

のべ100人の方が、貴重なお時間を削って、本紙のインタビューにお答えくださいました。最後は「頑張ってください」と激励してくださる方も。(有難うございます。)

 

それではいってみましょう!

 

第一問目!(パフ、パフ~)

 

今回は何度目のハワイですか?

 

訪問回数

 

ハワイ恐るべし。なんと!半数近くの人が、リピーター。

15回以上とお答えくださったお母様もいらっしゃいました。今回は娘さんご夫婦&お孫さんとご一緒ということでしたが、2歳のお孫さんは2歳にしてなんと既にハワイ2度目のリピーター。こんな恵まれた家庭に生まれたかったですう。

 

 

結論 : ワイキキを歩いている日本人の二人に一人はハワイ2回目以上のベテランである。

 

 

それでは第2問目

 

今回の訪問目的は?

 

訪問目的

 

 

みなさん、お疲れなんでしょうか?

 

 

特に何もせずのんびりするというふわっとしたお答えが堂々の第一位。

特にハワイ訪問2回目以上の方々にこの回答が多かったです。

そして気になるのが第2位のウエディング!たまたまレポーターの運がよかったのか、新婚ほやほやのラブラブカップルまたは、友達、家族の挙式のためにハワイに来ました~とおっしゃる方に遭遇する確率が大変高かったです。

とにかくめでたい。「おめでとうございます。」と言いまくりました。

 

 

 

結論:「ハワイで挙式」はもうあたりまえ。そして日本人はハワイに癒しを求めている。

 

 

次々いきましょう!

 

 

第3問目

 

ズバリ!ハワイの魅力とは?

 

 

ハワイの魅力

 

気候の良さダントツ!もはやなにものの追随も許さず完全にトップを独走状態。

 

 

確かにそうですよね。常夏の国は数あれど、湿度のないサラサラとしたこの気候は他にはないのかもれません。

 

北陸の方からいらっしゃったシニアのご夫婦は、こんな空気は日本で味わえないとしみじみおっしゃっていました。その他印象的だったのは、「若い頃は若い頃の楽しみ方が、娘が結婚して孫ができたらまた孫の笑顔を見たくて…とライフステージが変わる度に色んな楽しみ方ができるところがハワイの魅力」というコメント。お子さん連れでも楽しめるというのは、まさにハワイの治安の良さがなせるわざだと思います。このままご家族連れにとって魅力のハワイを維持していきたいものです。

 

結論 : ハワイはまさにパラダイスの名にふさわしい。そしてたまには日常を忘れたいとみんな思っている。

 

 

 

さてさてお次の質問いきましょう

第4問目

ちょと聞くのが怖いですが

 

ハワイの嫌いなところ・困った点は?

 

ハワイの困った点

 

半数近くが「特になし」。まぁこれは想定内ですね。

 

気になるのは第2位の英語問題です。グローバル化の波は進み、英語教育に力を入れている日本。しかしやっぱり私たちは英語が苦手です。カタカナ発音の弊害はここでも顕著で、コメント中には「オレンジジュースって言っても通じなくてさー、最後にはいつも「コーク」がでてきちゃうんだよなぁ。」と摩訶不思議な現象の報告も。毎日のようにネイティブ・イングリッシュ・スピーカーの方々に自分の発音を聞き返される日々を送っているレポーターもこの悲劇は他人事ではなく、深く共感した次第です。あの「ハア~ン?」が悪気がないだけに案外傷つくんですよね(泣)。

バリアフリー・ユニバーサルデザインでないところが多いというのは鋭いご指摘ですね。ここはひとつ州政府をはじめ関係各所に頑張っていただきたい。

 

結論 : オレンジジュースの発音はカタカナで書くと「アウレン・ジュウ」。しかしそれでも無事に「オレンジジュース」を飲める保証はない。

 

 

 

 

 

さて、次は観光業界の方が是非とも聞きたい質問のはず

 

今回の旅行にあたって

他の国や地域を旅行先として検討しましたか?

 

 

 

旅行先

 

 

 

いや、いや、いや。圧倒的すぎて横棒グラフも困っています。

ハワイ強い!向かうところ敵なしです。ほとんどの方がハワイ一本買い。他の場所には目もくれずひたすらハワイを目指していらっしゃったと。ホントありがたいことですね。

ヨーロッパを候補にしていた方は、「飛行機に乗っている時間が短い」という理由で、ニュージーランドを候補にしていたご家族は「子供が小さいので、夜便があると子供が飛行機で寝てくれて助かる」との理由でハワイに軍配があがったとか。バリ島など東南アジア方面を候補にしていた方々は衛生面や安全面で最終的にハワイを選ばれたそうです。もう少しつっこんで「今まで言った海外の場所の中で順位をつけるとしたら?」との質問にはリゾート関係では「ハワイが一番」との答えが返ってきましたが、都市とかも含めると「5位ぐらいかなぁ?」と一気にダウン。やっぱりヨーロッパなどは人気でした。

 

 

 

結論:リゾート地の中ではハワイは無敵。しかしヨーロッパが相手だと負けることもある

 

 

 

 

 

 

最後の質問はこれ!

またハワイに来たいと思いますか?

 

 

再訪問

 

 

惜し~い!パーフェクトならず。

 

たったお1人だけ、「ハワイは一度くればいいかな」とおっしゃられた方がいらっしゃいました。その方は、世界各国あらゆるところを旅して来て退職記念に来たことのなかったハワイにご家族と一緒にいらっしゃったそうです。来て1日目でアンケートをお願いしてしまったので、最終日にもう一度同じ質問をしたら答えが違っていたかもしれませんね。その他の99%の方々は「ハワイ大好きです。」「できれば住みたい。えっ?住んでるんですか?いいですね。」とレポーターの気分を最高潮に良くしてくださる熱のこもったお答えが多数でした。

 

結論:日本人はハワイを愛しすぎている。そして住んでいるところを褒められるととても気分がいい。

 

 

 

 

 

 

 

最後にハワイへの提言・メッセージを!

 

 

 

■ハワイでは仕事をしている人がとても楽しそう。

■スタイルのいい人が多くてびっくりした。

■いつも優しくしてくれてありがとう

■現地の方が日本語で話しかけてくれてうれしい

■ご飯の量が多すぎる。少なくして料金も下げてくれるとありがたい

■スパムむすびおいしかったです

■ドアを開けて待ってくれる人などが多くて文化のレベルが高いと感じた

■お土産がいつも同じものになってしまう。安くてハワイらしいものがほしい

■いつまでも変わらず「さびない場所」でいてください

■トローリーは旅行会社別にせず、共通で運航してほしい。その方が旅行者にとって便利だしエコにも良い。

■このまま変わらないでいてほしい。都会化とかしてほしくない。

■アロハ、マハロ。

■リゾートでありながらショッピングなども楽しめてバランスがいい。

■トローリーが一方通行なので時間がかかる。

 

 

 

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事