Halloween Special 【ハロウィン・スペシャル】

 10/31/2017 : 2126 Views

 

<<今年のポピュラーなキャラクターはどんなキャラクターでしょう? >> 

 まずは、今年リメイクムービーが公開された『美女と野獣』のベルというキャラクターが人気。続いてこちらも映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で人気が出た、グルートというキャラクターのコスチュームが多く売られています。また大人の女性に圧倒的な人気が出そうなのが、こちらも今年、映画でブレイクした『ワンダーウーマン』。Netflix(ネットフリックス)で放映されているカルト的人気のドラマ『Stranger Things』のイレブンという女の子のキャラクターも人気です。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(www.disney.co.jp) 

 

 映画が続きますがそのほかにも、『ベイウォッチ』のコスチューム。そして人気TVシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』のドラゴンクイーンのキャラクターや、ジョン・スノウというキャラクターのコスチュームも人気です。  

 テレビや映画をちゃんとチェックしていないと、路上のハロウィンキャラクターに気づかない? なんてこともあるかも! ハロウィンで注目の人になるには、日頃からエンターテイメントをしっかりチェックしておかないとですね。

 

アメリカでの人気ハロウィンイベント

 オアフ島ホノルルでもカラカウア通り、ダウンタウンなどあちこちでハロウィンのお祝いが行われますが、アメリカではどこのハロウィンイベントが人気なのでしょうか?

 全 米で人気のハロウィンイベントをいくつかご紹介します。

 

★ニューヨーク・ヴィレッジ・ハロウィン・パレード  

 ニューヨーク・ヴィレッジ・ハロウィン・パレード(New York’s Village Halloween Parade)は毎年ハロウィンの日にニューヨーク市で行われる世界最大規模のハロウィンの仮装パレード。1974年に始まった歴史あるこのイベントは、夜7時にグリニッジ・ヴィレッジ付近をスタートし、1マイル以上にわたって仮装した人々が街を練り歩きます。毎年6万人の参加者と200万人の見物人が訪れるニューヨーク最大のイベントの1つでもあり、世界中にテレビ中継もされ、約1億人の人々が視聴するほどの人気です。

 

★ウェストハリウッド・カーナバル  

 毎年50万人以上の人がサンタモニカ・ブルバードに集まるウェストハリウッド・カーナバルは、世界の中でも最大級といえるハロウィンストリートパーティーです。カーナバルクイーンとして人気ミュージシャンや俳優たちが登場するこのイベント、過去にはリアンナやクィーン・ラティファなどがゲストとして登場。道沿いに50以上のステージが並び、バンドのライブやパフォーマンスが行われ、大変盛り上がるカリフォルニアのハリウッドイベントです。

 

★フェスティバル・オブ・ザ・デッド  

 マサチューセッツ州のセイラムは、魔女にまつわる歴史が根づいている町。10月になるとサイキックフェアやウィッチクラフトエキスポといった魔女イベントが、31日間毎日のように行われます。サイキック、ミディアム、クリスタルボール、など魔女的なことが好きな人にはたまらないかもしれません。毎年50万人が訪れるこのフェスティバルのハイライトは、ホーソーンホテルでのハロウィンパーティー。怖いセレモニーやパフォーマンスが行われ、本気の恐ろしいハロウィンが楽しめるイベントです。

 

★リトルファイブポイント・ハロウィン・フェスティバル  

 ローカルのアートシーンやフードシーンが中心となったハロウィンフェスティバル&パレードで、フードトラックやキッチンがあちこちに登場し、バーベキューブリスケットやタコス、ピザ、ローカルのアーティストによるクラフトグッズなどが販売される、どんな人も楽しめるイベントです。パレードは2時間ほど続きますので、早めにきて良いスポットをおさえることを忘れずに!

 

★ラスベガス・ハロウィン  

 ラスベガスでのハロウィンは、ストリップ大通り沿いで行われます。ホテル、レストラン、ナイトクラブ、バーなども協力しあって様々なイベントが行われ、サーカスサーカス・ホテルにある園内遊園地の乗り物がその日だけ恐怖の乗り物に変わり、血だらけの外科医やお化けが一緒に乗ってきたりと、仕掛けもラスベガス級です。今年のラスベガスのハロウィンは、先日の乱射事件を理由にセキュリティが大変厳しいものとなりますが、決行予定です。

 

★ルイビル・ハロウィンパーティー  

 ケンタッキーのルイビル動物園では、世界で最大のハロウィンパーティーを目指しつつ、毎年動物園内でハロウィンイベントが行われています。会場にはいろんなキャラクターが待っていて、キリンやシマウマ、クマにトリック・オア・トリートをする(一方的にあげるだけですが)というお楽しみも。また毎年、ヘッドレスホースマン(首なし騎士)が現れることでも有名です。

 

ハロウィンにまつわるあれこれ

ダック・アップルって何?

「ダック・アップル(Duck Apple)」または「アップル・ボビング(Apple Bobbing)」(リンゴ食い競争)を皆さんはハロウィンでやったことがありますか?  

 ダックアップルは、ハロウィンパーティーで行われる余興の1つで、水を入れた大きめの盥(たらい)にリンゴを浮かべ、手を使わずに口でくわえて獲るゲームです。なぜハロウィンでリンゴを使ったゲームをするのでしょうか?  ハロウィンの時期はリンゴの収穫時期。リンゴといえば聖書にもよく出てくる大切なフルーツです。ヨーロッパでは悪霊は水を恐れるので水の中には入ってこれないと考えられていました。そこでハロウィンの魔除けとして、水の中に入ったリンゴを食べるのです。これはゲームでもあり、好きな人の名前を書いて、手を使わずに1度でくわえることができれば恋愛が成就するといった言い伝えもありました。  

 ハロウィンの時期は、かぼちゃだけではなくて、リンゴの存在も忘れてはいけませんね。

 

アメリカの州によって人気のキャンディが違う?

 ハロウィンが近くなると、トリック・オア・トリートの配布用キャンディが大きな袋に入って一斉に販売されるようになりますが、アメリカ人はこのハロウィンで、27億ドルものキャンディを購入するという調査が出ています。実は州によって微妙に各キャンディブランドの売り上げが違うようなのです。  

 Candystore.comというサイトが、州によって購入の最も多いキャンディをリストアップした結果が以下の通り。皆さんのお好みのキャンディはどの州で人気のキャンディでしたか?

 

アラバマ州 Candy Corn

アラスカ州 Twix

アリゾナ州 Snickers

アーカンソー州 Jolly Ranchers

カリフォルニア州 M&M

コロラド州 Milky Way

コネチカット州 Almond Joy

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事