芸術写真家「ピーター・リック」主催、リック・エクスペリエンス チャリティーイベント 8/19(土)開催

 2017/8/19 18:00 - 21:00
 Lik Fine Art Waikiki (ワイキキビーチウォーク1階)

壮麗な風景写真で世界的に有名な芸術写真家、ピーター・リックは、オーストラリアのメルボルン生まれ。両親はチェコスロバキアからの移民だった。8歳の時にカメラに興味を持ち、それから30年以上に渡って独学でシャッターを切り続けている。

 

ピーター・リックは「Master of Photography, Australian Institute of Professional Photography」他、数多くの国際的な賞を受賞しており、2012年にはワシントンDCのスミソニアン博物館で、リックの代表作「Ghost」「Inner Peace」などが特集された。また2014年には、彼の最高傑作の1つである「Phantom」に対し、風景写真としては世界最高額の650万ドル(約7億4000万円)という値が付けられた。見る者を幻影世界へと誘うこの作品は、従来のアンテロープ・キャニオンの風景写真と一線を画しているとして高い評価を得た。また、今年から来年に渡って「ソニー・オープン」のスポンサーになっており、来年2018年には「ハワイ・ソニー」設立20周年記念作品を制作する予定だ。

 

ワイキキ・ビーチウォークにあるピーター・リックのギャラリー「Lik Fine Art Waikiki」では、8月19日(土)午後6時から、7月に引き続き2回目の「ピーター・リック・エクスペリエンス」スペシャル・チャリティー・イベントが開催される。このイベントは、ハワイを始め、ラスベガス、ニューヨーク、マイアミなど、全米12カ所にあるリックのギャラリーで同時開催されている。

 

リックは、芸術写真家としての成功を心から感謝した上で、発展途上国への援助や地球の自然保護という目的と使命を持ち、Make A Wish Foundation, St. Jude Children’s Research Hospital, Oceana and Habitat for Humanityなど、数々の福祉団体、非営利団体への寄付を続けてきた。そして昨年「Peter Lik Foundation」を設立。国際NPO団体ONE DROP(one drop.org)に資金を提供し、アフリカや南米など、飲料水が入手困難な地域に住む人々が水を確保できるよう取り計らうなど、慈善活動の幅を広げている。

 

一連の寄付活動の資金には、リックの作品「A Sky Full of Stars」などの売上金が充てられている。「ピーター・リック・エクスペリエンス」を含め、彼が行う各イベントでは、チャリティーを対象とした作品が定められ、その売り上げは非営利団体へ寄付されている。昨年行われた「ピーター・リック・エクスペリエンス」では、「Friends of Hawaii」に対して18,000ドルを寄付したが、今後もそれ以上の援助を行えるよう、より活発な活動を継続する意思を表明している。

 

7月に「Lik Fine Art Waikiki」で行われた「ピーター・リック・エクスペリエンス」キックオフ・イベントでは、大勢の人々がギャラリーを訪れ、ダイナミックなリックの風景写真に囲まれながら、ギターのライブ演奏やRoy’sレストランのグルメ・オードブル、Stir Beverageによるクラフト・カクテルやワイン、抽選会などを心ゆくまで楽しみ、福祉団体への寄付というイベントの趣旨を称賛した。抽選会は1時間ごとに行われ、当選者には、Music For Life Foundation から贈られたウクレレ、ソニー・オープンに出場する有名プロゴルファーのサイン入りキャップ、来年のソニー・オープンの入場券など、さまざまな景品が贈呈された。

 

(取材・文 佐藤友紀)

 

PETER LIK EXPERIENCE チャリティーイベント情報

【日時】 8月19日(土) 午後6時〜9時

【場所】 Lik Fine Art Waikiki (ワイキキビーチウォーク1階)

Waikiki Beach Walk 226 Lewers Street, L118

入場無料

※作品を購入した方には駐車場のバリデーションを発行

1 2

関連記事



その他の記事