車お役立ち情報 その2 車のリースって?

 04/17/2017 : 405 Views

Q: リースとはいったいどういうシステムです か?

リースの利点、そしてどんな方に向いているのでしょうか? 車を購入するとなると頭金の用意や、ロー ンの心配などもでてきます。でもリースだと 月々数百ドル程度のリーズナブルな月払いで、 良い車に乗ることが可能になります。車を購入する場合は、当然、車の代金全てを支払う わけですが、リースの場合は車の価値のうち、リース期間に使われる部分だけ、要するに減 価償却分だけを支払うというシステムです。 ですから、車を購入する場合のローンと、リースする場合のローンは金額に大きな差がでてき ます。

 

リースの方がお得になるのは、例えばハワイ に滞在する期間が決まっていて、数年しか乗 らないという方。また新車を常に乗り換えるのが好きな方にもおすすめです。車の所有期間 が3-5年程度でしたら、車購入もリースする のもコストはそんなに変わりません。長く乗りたいという方でしたら、購入すれば自分の資 産になるので100% 購入をおすすめしますが、 そうでなければ、頭金も少なく、月々の支払いも少なく、いつも最新の車に乗れるリースのほうが、お得かもしれません。

 

いってみればリースは「レンタル」という感 じですね。リースはクレジットスコアがいい方 が利用できるシステムです。 マイル数に制限があり、返す時にも同じコン ディションでないとペナルティ料金を払う必要 があります。ですからカスタマイズなどもあまりできません。クレジットスコアが良く、大切 に乗れるという自信がある方はリースがよいかもしれないですね。

 

Q: 中古車のディーラーショップでは、よく 「Warranty」「As is -No Warranty」と 書 かれたものを見かけます。これは一体どういう 意味でしょうか?

これは大変重要なことです。ハワイ(アメリ カ)の中古車は日本と異なり、きちんと整備がされた状態で売りにだされているわけではありません。Warranty とは、ディーラーの保障 付き。Limited Warranty, Full Warranty と いって、一部保障というものもありますからよくチェックして下さい。そして、As is ‒ No Warranty とは、まさに現状そのまま、保障なし、という意味ですので注意をして下さい。

 

車を買う際に保険会社を通して Warranty (保障)を買うこともできますが、日本とアメリカのスタンダードは全く異なります。保障の範囲も保険によって異なりますから、よく確認の上で加入して下さい。 購入後に壊れたから直して欲しい、代車を 出してほしいと言われるお客様もいますが、中 古車を購入後は、自分の所有物であり、管理 は全て自分の責任となります。中古車購入前 に車の価値がわかるケリーブルーブックで適正価格を調べた上で、 実際にテストドライブをして、車の状態をしっかりリサーチしてから買うことをお勧め致します。

ケリーブルーブック:https://www.kbb.com

 

 

アドバイザー:KICモーターズ クリスさん

取材・文:内田佐知子

【2015年6月発行 日刊サン掲載記事】


関連記事







その他の記事