ハワイのCar Life Navigation その2 車に何積む? どこ行く?

 04/17/2017 : 3701 Views

 

夢のように美しいビーチでピンク色の貝殻を拾うという ロマンチックなデートを! by トモさん

UNCLE BOBO’Sから少し足を延ばすと、「クラウチング・ライオン」を過ぎたところに夢のように美しいビーチ「カハナ・ベイ・ビーチ・パーク」があります。ここも車でしか見れない景色ですね。小さな湾となっているこのビーチは、波が穏やかで水もきれい。ブラックサンドビーチなのですが、そこでピンク色をしたシェルが拾えるんです。とてもロマンチックな場所なので、カップルのドライブデートに最高だと思います。

 

 

日本から来たばかりの人・まだ免許を持っていない人は必見!ビックリ! こんなに違う日本とハワイの交通ルール・車事情!

□右側通行

□赤信号でも特に標識がなければ右折が可能

□ハワイでは16歳から免許が取得できる。(日本は18歳から)

□免許取得費用が20ドル~ 日本の1/100以下

日本のように教習所で習う必要はなく、自分で勉強し、自分で練習すれば試験を受けるまでの準備費用は0円 試験費用 $10 (筆記試験$2+実地試験$8) 免許証発行費用 2年間有効$10、4年間有効$20、8年間有効$40 日本は教習所などを含めて免許取得のための費用は平均約30万

□免許の実地試験では自分で車を用意&18歳以上の免許保持者の同伴が必要

なんとこちらの実地試験では、受験者がきちんと車両登録された車を用意しなければならない。その上、試験に付き添ってくれる18歳以上の免許保持者の同伴が必要。つまり留学生などが免許を取るには、車を持っている優しい友人が必要だということだ。(その上ソーシャルセキュリティーナンバーも!)日本から来たばかりの人にはちょっと敷居が高い?

□盗難率の高い車は保険料が割高

日本からの長期滞在の人でも国際免許を持っていれば、車の購入は可能。しかし2013年から法律が改訂され、国際免許で車を購入した人は半年以内にハワイ州の運転免許を取得しなければ保険に入れなくなった。保険に入らずに運転することは実質不可能。つまりはこちらの免許を取得しなければならない。またアメリカでは盗難率の高い車は保険料が割高になるというから驚きだ!ちなみに盗難率の高い車にはホンダ・シビック、アキュラ・インテグラなど日本車の名前がずらり!

□駐車はフロントから?バックから?

日本では駐車場に車を入れる時、バックから駐車するのが常識。フロントから突っ込もうものなら、「教習所で何をならってきたんだ!」とお叱りを受けてしまう。ところがアメリカでは、車はフロントから駐車するのが一般的なよう。大学などでは、バックから駐車していると罰金を取られてしまうところも。ハワイでは、バックから駐車する車とフロントから駐車する車が混在する。場所によっては、バック駐車を禁止している駐車場も。日本から来たばかりのドライバーや観光でハワイを訪れている人は気をつけたいところ。

 

初めてハワイで車を購入 英語は話せても、法律や保険のことなど複雑な手続きなどいろいろ不安。 日本語で相談できる方がやっぱり安心!クリスさんとトモさんに 相談したいならこちらへ!

【クリスさん】5000ドルぐらいからのお手頃価格の中古車を扱っています。ハワイで初めての車選びなら、まずはKIC Motorsに足を運んでください。何でもご相談にのりますよ!学生さんも是非どうぞ!場所はカパフルです。

KIC Motors  ☎︎372-3334  1130 Kapahulu Ave  月〜土

【トモさん】カードのクレジットヒストリーがなくてもローンで車を購入できますよ!品質の良いラグジュアリーな中古車をお探しなら是非AUTO X-CHANGEへ!アラモアナセンターの裏なのでお気軽にお越しください。

Auto X-change  ☎︎721-4277   月〜土 9:00am-7:30pm  日 9:00am-5:00pm

 

【2015年10月発行 日刊サン掲載記事】

1 2

関連記事







その他の記事