【2018年版】ハワイで車を賢く購入する方法まとめ③リース編

 11/01/2018 : 179 Views

 

 

今回は、最近ハワイでも人気になってきた車のリースでの購入について、メルセデスベンツホノルルに取材をしてきた情報をまとめてみました。購入と違い、リースはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

 

車のリースとは

車の需要が高いアメリカでは、日本よりもリースが盛んです。ハワイでもよく聞くようになったリースとは、長期間のレンタカーのようなシステムで、減価償却分、つまり、車の価格のうちでリースした期間分だけを支払うというものです。

 

リースの特長

a.頭金や月々の支払いが少ないため初期費用が安くつくこと

b.新しい車に短期間で乗り換えられること

c.保障が付いているので、故障しても修理代金を気に必要がないこと

ハワイに在住する期間が3〜5年の方、数年ごとに最新仕様の車に乗り換えたい方などにお勧めの購入方法です。

 

リースの際に必要なもの

a.自動車免許(ハワイ、日本のものでもOK)

b.SSN(ソーシャルセキュリティーナンバー)

c.クレジットヒストリー

d.保険の加入

ホノルル市内には、メルセデス・ベンツなど、日本人向けの保険加入をサポートしてくれる代理店もあります。

 

それではここで、日本人に人気の高いベンツをリースする場合の例を挙げてみましょう。

<例> 約4万ドルのベンツを3年間リースする場合

一般的な例として、下記の3通りの支払い方があります。頭金の支払い金額の増減によって、ご自分に合った月々の支払い額を決めることもできます。

オプション①

月々の支払い:約300ドル

頭金:約7,000ドル

3年間の支払い総額:約1万7,800ドル

オプション②

月々の支払い:約500ドル  

頭金:なし

3年間の支払い総額 :約1万8,000ドル

オプション③

一括払い: 約1万4,000ドル 

3年間の支払い総額:約1万4,000ドル 

 

参考:メルセデス・ベンツ・ホノルル https://www.mercedesbenzofhonolulu.com

 

このように、ベンツのような高級車でも、リースを利用すると月々の支払い額を低く抑えることができます。また、先述の通り、契約期間内は保障が付いています。一般に、ローンで購入した保障なしの高級中古車が故障した場合、高額な修理費用がかかりますが、リースの場合はそういった心配をせずに乗ることができます。

 

また、ハワイ州のリース車には、1年間で7,500マイル(3年間で2万2500マイル)という走行距離制限があります。しかし、ホノルル市内在住の方が通勤や買い物などの目的で乗る場合、1年間の走行マイル数の平均は約6,000〜7,000マイルなので、7,500マイルは妥当な制限距離と言えるでしょう。

 

リースは購入するよりも少ない予算で新しいモデルの車に乗ることができる新しいスタイルの購入方法です。最近の新しい車には運転を助けてくれる様々な機能も付いていますから、快適なカーライフを送りやすいと言えるかもしれませんね。

 

(情報は2018年8月現在の情報に基づきます)

写真 Ewa Studio / Shutterstock.com

 

 


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事