身体によい成分の宝庫 キノコ 健康作用と豆知識

 09/27/2018 : 149 Views

🍄🍄🍄キノコとは🍄🍄🍄

 

キノコはカビの仲間  キノコは、カビと同様、「菌類」という生物群の中の1つです。菌糸と呼ばれる管状の細胞列によって体外に酵素を分泌し、有機物を分解・吸収することで生長していきます。胞子を作り、繰り返し繁殖します。

 

成長過程  種類によっては、一夜で大きく成長するものもあります。

1)キノコの襞(ひだ)に着いている胞子が飛散。

2)飛散した胞子が木材や落ち葉に付着して発芽。

3)植物(枯れたものも含む)などを基盤(基質)とし、水分や栄養分を吸収して成長。

4)子実体(小さなキノコ)を形成。

5)子実体が成長して、胞子を形成。1)に戻る。

 

▲キノコの生活環 (GNU Free Documentation License)

 

動物の糞や他のキノコから栄養を摂るものも  キノコの多くは植物やその遺骸を基盤として成長しますが、種類によっては動物の糞や死骸、他の種類のキノコを基盤にするものもあります。また、植物の根に菌根という器官を繋げ、栄養を供給されながら成長する種類もあります。

 

▲シイタケの笠の下から散布される煙状の胞子(Creative Commons)

 

日本のキノコ  日本では、既に知られている種類のキノコは約2500種、まだ発見されていない種類のキノコは5000〜7500種類もあると言われています。日本で食用にされているキノコは約300種にのぼり、そのうち10数種類が商業用に栽培されています。

 

食用キノコの歴史と生産量

 

古代から食用とされていた  菌類を食べる「菌類嗜食」は古代からおこなわれてきました。1万3000年前のチリの遺跡からは最古の食用キノコが発見されている他、紀元前数百年前の中国でもキノコを食用としていたことが分かっています。古代の中国人は、キノコを食べるだけでなく、漢方薬としても利用していました。また、古代ローマ、古代ギリシアでも、上流階級の人々を中心にキノコが食べられていました。  現在60カ国以上の国で20種類以上の食用キノコが栽培されています。

 

MEMO

英語では食用になるキノコをmushroom、食用にならないキノコや毒キノコをtoadstoolと言います。

 

 

健康作用と特徴(参考:日本特用林産振興会<http://nittokusin.heteml.jp>)

 

🍄🍄🍄シイタケ🍄🍄🍄

 

原木栽培のシイタケ (Creative Commons)

 

 

血液サラサラ効果  

シイタケには血液をサラサラにする有効成分の1つ「グアニル酸」が含まれており、血管の詰まりが原因の心筋梗塞や脳梗塞を予防する効果が期待されます。シイタケの血液サラサラ効果は、キノコ類の中でも特に強く、食べるだけでも効果があると考えられています。

 

骨の形成促進  

1 2

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事