[PR]

2018年、オイル美容は ホホバオイル!

 01/03/2018 : 2188 Views

 アルガンオイルを始め、自然派オイル美容が大人気だ。顔だけでなく全身に使える手軽さと、ケミカルを含まないナチュラルビューティに愛好者は増え続けている。植物オイルのラインナップも豊富で、ローズヒップオイルやマルラオイル、シーバックスオイルなど稀少なシードから絞られたオイルも店頭に並んでいる。 ただ植物オイルは酸化しやすいのが難点だ。その中で唯一、酸化せず、健やかな肌に必要な脂質成分“ワックスエステル”がダイレクトに含まれているのがホホバオイルだ。

 

スキンケアには真っ先に ワックスエルテルが必要

 私たちの肌は、紫外線や酸化、乾燥や有害物質から守るためのバリア器官として存在している。その肌構造は、一番表面の皮脂膜が第1バリア、その下の角質層が第2バリアとして機能している。その2つのバリア層のどちらにも存在し、健やかな肌をキープしているのがワックスエステルだ。

 ワックスエステルは皮膚を始め、毛髪や爪、目の角膜など、全身をくまなくガードし、私たちの体を守ってくれている。しかし20歳台をピークに年々減少してしまう。だからスキンケアとして、真っ先に補わなければならないのがワックセステルなのだ。

 あらゆる植物オイルの中で、このワックスエステルが含有されているのは、唯一ホホバオイルだけ。ホホバは灼熱砂漠のアリゾナ育ちだから、光にも熱にも酸化しない強い特性を持っている。分子構造が細かく、経皮吸収のスピードが速く、角質層にまで浸透するので、ベタつきは全くなく、オイルなのにさらっと軽い使い心地だ。ニキビが時々できるモデルのリブさんも、「ぜんぜんオイリーじゃない。肌がすごく柔らかになるんですね」とびっくり。

 

ホホバオイル1本あれば、 全身に使えてうるおいアップ!

 ホホバオイルが1本あれば、クレンジングからリフトアップ、マッサージ、パックまでオールラウンドに使える。

 まずクレンジング。ホホバオイルには汚れを抱き込む作用があるので、クレンジングオイルとして有効。洗顔後の肌には、ホホバオイルを手のひらに2〜3滴取り、両手を合わせて広げ、体温でオイルを温める。そして手のひらで顔をプッシュアップするようにオイルを入れる。ボディも同じ。手のひらは最高の美顔器だ、体温を上手に使って浸透させよう。そして髪。ホホバオイルを頭皮に垂らし、頭皮マッサージをすると、ヘッドケアになるばかりでなく、顔のリフトアップ効果もある。シャンプー後は、濡れた髪にホホバオイルを。ツヤ、コシのある髪へと誘う。

 

 他の美容オイルを使う場合は、ホホバオイルとブレンドすれば酸化を防ぐことができる。2018年、ホホバオイルでアンチエージングを!

 

他の植物オイルの天然ビューティ成分

オイル名 期待したい予防効果 期待できる作用
アルガンオイル 乾燥予防 シワ・たるみ予防 保湿効果 抗酸化作用 皮脂腺の分泌抑制
オリーブオイル 乾燥予防 保湿効果 ターンオーバー促進
セサミオイル 乾燥予防 ニキビ・吹き出物予防 保湿効果 皮脂腺の分泌抑制
米ぬかオイル アレルギー予防 保湿効果 抗炎症・高アレルギー作用
マカダミアナッツオイル シワ・たるみ予防 保湿効果 アンチエージング

 

(取材・文 奥山夏実)


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事