[PR]

日刊サン スタッフのいいもの発見 シューズスパ

 06/12/2018 : 630 Views

愛用の靴は、クリーニングしながら 履き続けるのがベスト!

ハワイに移住するとき、日本から送った荷物の中に靴があった。10足以上、長年履き込んできた愛用の靴ばかりだ。ところがダンボール箱を開けるとカビ臭い。わっ、黒いエナメルの靴にカビが生えているのが見える。干したりアルコールで拭いてみたりしたが、悪臭は消えない。

 

靴の中の細菌はトイレより多い!?

靴は想像以上に汚れていて、水虫など感染症の健康被害も受けやすい。靴を履いた状態だと、足は体のどの部位より温度が上がる。靴の中での足の滑りを防ぎ、運動効率を上げようと足裏が汗をかこうともする。

 

靴を履いて温度が上がれば、ますます放熱調節するために、汗をどんどんかかせてラジエター効果を上げようとする。湿った靴は汚れがたまり、水虫菌やカビなどの格好の住処となる。靴の中の細菌の数はトイレより多いと聞いたことがある。しかも私の靴は、カビまで生えてしまって最悪。もう捨てるしかないのかとあきらめかけていた時、 「靴専門のクリーニング屋さんがハワイにもありますよ」と、仕事仲間が教えてくれた。

 

靴のクリーニング専門店なんて初めて聞く! なんでもオーナーは韓国人で、韓国では街のあちこちに靴のクリーニング店があり、靴を洗って履くのは当たり前なのだという。えっ、革靴も? パンプスも? 「エナメルもスエードもOK。靴専用の洗濯機があって、中まできれいに丸洗い。デリケートな素材は手洗いをしたり、しつこい汚れは高圧洗浄したり、洗剤も使い分けながらプロフェッショナルにクリーニングするそうですよ。ドライヤーも紫外線を使った靴専用の特殊乾燥機で、徹底的に除菌、脱臭するそう。試しにクリーニングしてみたら?」

 

ハワイにたった1軒の靴のランドリー、シューズスパ! 靴以外にもバッグや財布、ベビーカー、カーシートのクリーニングもできるのだという。

 

驚くほど、きれいに再生!

最初は試しに3足持って行ってみた。白い革のヒモ靴と、ブロンズの加工がしてあるショートブーツと、ピンクのスエードのバレエシューズ。白い革靴は、シワが寄った部分はかなり黒ずんで薄汚れていた。ブーツは足を入れるのもはばかれるほどの悪臭、バレエシューズはつま先全体が汚れていた。

 

 

 

 

受付で、カビが生えていますというと、「大丈夫、99.9%除菌・消臭します」とのこと。白い革靴の、擦り切れて色落ちしてしまったところは? と聞くと、「靴専用の着色剤で塗り直すから大丈夫ですよ」、リペアして磨いて仕上げてくれるのだという。

 

数日後、クリーニングされた靴たちを見て驚いた。きれいに再生、ぜんぜんカビ臭くない!以来、私は履いた靴は定期的にクリーニングしないと、気持ちが悪くなるようになった。清潔な靴を履いているという安心が心地よい。愛用の靴は、クリーニングしながら履き続けるのがおすすめです!

Writer 奥山夏実

 

料金の一例

サンダル $8〜 / スニーカー $12〜 / 革靴 $20〜

パンプス $20〜 / ブーツ $25〜 / ブランド靴 $30〜

バッグ $40〜 / ベビーカー $60〜 / カーシート $40〜 / etc…

 

 

靴・バッグのランドリー シューズスパ

【TEL】(808) 955-5592(日本語OK)

【営業時間】平日:10am~6pm 土曜:10am~5pm 

【定休日】 日曜

(日刊サン 2018.06.12)


関連記事




その他の記事