[PR]

体の中からキレイになろう! ヨガ特集

 04/23/2017 : 1753 Views

 

 

コブラのポーズ

効果:血行促進・便秘・生殖器異常・無気力・美しいプロポーションをつくる 背筋、胸筋、腹筋が柔軟になるので、背骨と交感神経の血行が正常になる。仙骨を刺激するので美容に最適。心のこわばりもとりのぞく。

 

1. うつ伏せに寝て、 静かに呼吸しながら 手のひらを肩の 下に半分くらい入れる。肘は開かない。

2. 息を吸いながら、ゆっくりと上体を起こしてゆく。 手の力は使わず、背骨の反る力だけで行うこと。

3. 上体を起こしたら、両腕の力を加えてさらに上体を反らす。 おへそから下は床から離さないこと。

4. 天井を見つめたまま、意識を脊椎の圧迫されている ところに集中させる。息を吸い、10秒ほど息をとめる。

5. ゆっくり息を吐きながら、1の姿勢に戻る。

 

 

三角のポーズ

 

効果:悪い姿勢・貧血・耳なり・内臓の位置を整える・器官のうっ血・便秘、下痢の解消・足を長くする・イライラ解消 わき腹と胸の筋肉のこわばりを解消するので、姿勢のかたよりが治り、足が長くなる。わき腹をもむだけでも便秘や耳なりに効果的。

 

1. 両足を肩幅の倍に開いて立つ。 両手を肩の高さに上げて、 真横に伸ばす。手のひらは下向き。 両手は床と平行に保つ。

2. 息を吐きながら上体を真横に曲げてゆく。 ひざを曲げないこと。右手の指を右足首に つける。顔は上に向けて、左手の指先を見る。

3. 同じように左側も行い、 左右あわせて1回。 これを2・3回繰り返す。 やりづらい方を2回多くやる。

 

 

 

木のポーズ

効果:動脈硬化・悪い姿勢・内臓衰弱・足の贅肉をとる 右足を上げると胃など左側の内臓、左足を上げると肝臓など右側の内臓が刺激され働きが整う。バランス感覚が高まり、足をほっそりさせることができる。

 

1. 左足で立ち、右足の裏を左足の ももにあてる。右ひざを水平に保ち、 左足の親指と土踏まずに力を入れる。

2. 背筋を伸ばし両手を合掌、 ひじは水平に。深呼吸する。

3. 同じように右足立ちも行う。

 

 

鋤のポーズ

効果:老化防止・腰痛・首のねじれ・神経痛・便秘・背中とお腹のぜいにくを取る 柔軟体操にも取り入れられている、美容効果の高いポーズ。 ポーズを完成するまで、 毎日練習するとよい。

1. あお向けに寝て、 腕は体の両側に伸ばして、手のひらを床につける。

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事