[PR]

体の中からキレイになろう! ヨガ特集

 04/23/2017 : 829 Views

自宅で簡単ヨガ

今ではすっかり人気が定着したヨガ。ハワイでも日本でも、たくさんのヨガスクールがありますが、 興味はあるけど体験する機会がないという方も いるのではないでしょうか。でもヨガって自宅でも簡単にできるのです。大切なのは無理しないことと、継続すること。楽しくヨガを実践して、心と体の美しさを手にいれましょう。

 

初心者向けポーズ

くつろぎのポーズ(屍のポーズ)

効果:疲労回復・ポーズとポーズの間に行い、効果を十分に生かすこと ヨガの基本のポーズ。疲労回復のため、ポーズの間の小休止に必ず行うこと。ゆったり横たわることで、その 前に行ったポーズの効果が いっそう高まります。

 

1. あお向けに寝る。

2. 両足は腰の幅に開く。 両手は手のひらを上にして、体側からちょっと離して投げ出す。

3. 全身の力を抜き、深く静かに呼吸する。

4. 余計なことは考えない。体から疲れが抜けていくのを 感じるはず。1・2分行う。

5. 深く息を吸って、スッと上半身を起こし、次のポーズに移る。

 

 

猫のポーズ

効果:老化防止・筋肉の硬化や萎縮をとる・神経の安息・背中、お腹、腰、足の線を美しく引きしめる。 背中のこわばりは動作を鈍くさせ、老化を招きます。このポーズは背中を中心に、全身の筋肉の凝りを取り除く効果があります。猫が伸びをするイメージで行います。

1. 両手、両膝をついて 四つんばいになる。

2. 息を静かに吐きながら、 背中をまるくしていく。 頭は腕の内側に入れる。

3. できるかぎり背中を丸め ながらお腹をひっこめて、 息を吐きつくし、そのまま 呼吸を3秒間とめる。 ゆっくりと息を吸いながら、 全身の力を抜き、 最初の姿勢に戻る。

 

 

 

 

前屈のポーズ

効果:便秘・糖尿病・肝臓肥大・脾臓肥大・痔・老化を防ぐ・ウェストとヒップをひきしめる・疲労をとる 老化や疲労は、首の筋肉の硬化や腰のこわばり、足の裏の筋肉の萎縮が原因。腹部全体の筋肉をひきしめれば、お腹と腰の脂肪がとれます。無理せずできる範囲で。

1. 足を伸ばしてすわり、 両腕を前に伸ばし、深く息を 吸って意識を丹田におき、 アキレス腱を伸ばす。

2. 息を吐きながら、上体を 前後に2・3回倒す。

3. お腹、胸をももにつけ、 頭をひざのあいだにうずめる ようにする。ひざはまげないこと。 両手が足先よりも遠くへ突き 出るまで前屈する。 足の親指をつかみ、 手前に引きつけると さらにアキレス腱が伸びる。

4. 意識を丹田に集中し、 息を吐きながらひじに力を入れ、 吸いながら力を抜く。 この呼吸をリズミカルに繰り返す。

 

1 2 3 4

関連記事

関連記事はありません。



その他の記事