[PR]

【世界の美容事情トレンドニュース】♡フランスのダイエット方法「デュカンダイエット」に注目!

 10/24/2018 : 29359 Views

アメリカではケトダイエットやプラントベースのダイエットなどが流行っていますが、フランスやイギリスで今注目されているダイエット方法が、「デュカンダイエット」。このダイエットはフランスのピエール・デュカン博士が、肥満患者のために考案したダイエットで、イギリスのキャサリン妃やハリウッド女優たちも取り入れていることで注目されています。

 

このダイエットは1970年代に考案されたもので、その方法は、食事を4段階に分け、太りにくい体、リバウンドしにくい体を作っていくというものです。 実は2000年の始め頃に大変流行。ダイエットブックも出版されミリオンセラーとなりました。

 

 

まずは2日から最大7日続ける「アタック」という期間から始まります。この期間中は、鶏肉(皮はNG)、牛肉、魚介類、卵(1日2個まで)無脂肪の乳製品といった、タンパク質のみを食べます。炭水化物は一切摂ってはいけません。

 

 

続いて、「クルーズ」という期間に入ります。タンパク質のみ食べる日と、野菜を食べる日を交互に繰り返していきます。野菜はジャガイモ、トウモロコシ、かぼちゃなど糖質を多いものは避けて、32品目の野菜に限られています。この期間は通常3日程度ですが、理想の体重になるまで続けます。

 

その後には、「コンソリデーション(現状維持)」の期間に入ります。この期間中は、肉類以外のタンパク質を中心とした食事を摂ります。1日に1カップの果物、少量のチーズ、麦パンは2枚程度まで、そして1週間に2度は150gの炭水化物を摂取しても大丈夫です。これを5日程度続けます。

 

そして最後が「スタビリゼーション(体重を定着させる)」という期間。この間は、野菜、果物、タンパク質、適量の炭水化物をバランスよく食べる期間です。それでも、週に1日だけタンパク質のみの日があるのが理想なんだとか。 そしてこのダイエットをしている間は、毎日オートブランをスプーン3杯分食べ、毎日20分のウォーキングをして、できれば木曜日はプロテインのみの日にするように生活するのが成功のコツ。このダイエット方法を実践すると、なかなかリバウンドしないと好評だそうです。

 

しかし、バランスが極端だったりするので、専門家の中には勧めていない人もいるようです。それでも結果は明確にあらわれるので、人気が衰えないのだそうです。タンパク質中心という点では、ケトダイエットにも似ていますよね。ヨーロッパでポピュラーだというデュカンダイエット、ちょっと気になりますね。

 

写真・参考サイト:https://www.dukandiet.com/low-carb-diet/4-phases

Writer:内田佐知子


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事