[PR]

【世界の美容事情トレンドニュース】♡ドライ・バーのオーナーがマッサージチェーン店「Squeeze」に挑戦!

 11/14/2018 : 280 Views

ハワイにも既にオープンしていて、インターナショナルマーケットプレイスにも近々お目見えするブロードライの専門サロン、「ドライ・バー」。あっという間に各地に100店舗以上の展開を繰り広げ、ビジネスが拡大してきています。 このドライ・バーの創立者であるアリイ・ウェブさんと彼女のご兄弟であるマイケル・ランダウさんが、美容と健康は両方同時に成立していないとバランスが悪い!と、体のケアを楽しめるマッサージチェーン「Squeeze」をオープンすることになりました。1店舗目は来年の2月、カリフォルニアのStudioCity,VenturalBlvdにオープン予定。その後、フランチャイズ化することを計画しています。

 

このマッサージサロンが他と違うところは色々あるのですが、まずパッケージプランで会員になることができて、Mid Squeeze(月額$79/50分)とMain Squeeze(月額$99/80分)のプランがあります。アロマセラピー、ヒートセラピーなどオプションは無料でつけることができます。 また、すべてアプリで操作するので、キャッシュでのやりとりは一切なし。ウーバーのマッサージ版のようなものでしょうか。強めが好きとか、どこがいつも凝っているかなど全て自分のデータに入力するので、サロンについたら自分の症状にぴったりのセラピストが、あれこれアンケートに答える必要や手間もなくマッサージにすぐとりかかってくれるのです。 また、マッサージの部屋も、自分で温度、照明、音楽の調節ができるし、着替えた後にセラピストに入ってきてもらう合図としてボタンがあったりと、全てデジタル化。 サロンの雰囲気は、ドライ・バーと同じようなキュートなインテリアになる予定。 こんな便利なマッサージサロン、ハワイにも是非フランチャイズでオープンして欲しいですね!

 

 

写真・参考サイト:https://www.hollywoodreporter.com/news/drybar-founders-announce-next-wellness-concept-squeeze-1157444

Writer:内田佐知子


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事