[PR]

♡ 年代別!老けないためのスキンケアの秘密【世界の美容事情トレンドニュース】

 06/01/2017 : 913 Views

女性にとってアンチエイジングは一生の悩み。10代はさすがにアンチエイジングの心配はしないかもしれないけれど、20代からはどうやってお手入れをしておけば実際に年齢を重ねた時、若く美しくいられるのか気になりますよね。

そこで、プラントアポセカリーというスキンケアブランドの創立者でスキンケアエキスパートとして業界で知られる、ホリー・マクホーターさんによる、年代別にどんなアンチエイジングケアをしていけば良いのか具体的なアドバイスをお教えしましょう。

 

<20代>

抗酸化作用のあるコスメを使うこと!20代の時点では、1カ月ごとに皮膚が再生しています。ダメージを受けても元に戻るのが早いので、一番この時期重要なのはプロテクション、そして栄養を与えてあげることです。太陽の紫外線対策、環境ストレスによるプロテクションのためにもフルーツや野菜中心の食生活をすることも重要です。

またお肌に塗るものとしては、ハニー、グリーンティー、グレープシードオイルなどがオススメです。特にグレープシードオイルは20代のホルモンによるニキビなどによく効きます。

また年齢に関係ないアドバイスでもありますが、日焼け止めを塗ってお肌を守ることを毎日実践しましょう。しっかり守ることを20代から身につけておくことが大切ですが、肌に有害な物質が含まれているものもありますので、サンスクリーン選びは慎重に!ミネラルが含まれている限りなくナチュラルなサンスクリーンを選ぶように!また運動も定期的にすること。血流がよくなることで、皮膚の細胞へのダメージもブロックできますし、回復も早いので、若いから大丈夫と思わず、20代のうちから運動は忘れずに!

 

 

<30代>

30代に入ったら、レチノールの入ったスキンケアを使ってみましょう。まだそんなに30代ではお肌へのダメージが少ないはずですが、レチノールはどちらかというとアンチエイジング予防に使うもの。コラーゲンを刺激して細胞のターンオーバーをスピードアップしてくれます。またお肌のハリも出るのがこのレチノールですので、レチノール入りの美容液などを使うと良いでしょう。

 

また30代になったら週に3度くらいはエクスフォリエーションをしてみてください。30代になると細胞の再生が少し遅くなり、平均45日周期になります。ナチュラルなナッツパウダー、オーツやフルーツ酸(パパイヤ、グレープフルーツ、トマトの抽出液など)が入ったエクスフォリエーターや、自分でヨーグルトにハニーとレモンを混ぜたパックをしてみたりと、再生を早めるようにするのがコツです。

またニキビや吹き出物が気になる人は、ドラッグストアで売っているような強いニキビのクリームなどを使わないこと。強い薬の入ったバクテリアの殺菌クリームなお肌に逆にダメージを与え、部分的にドライ肌になり余計ひどくなってしまいます。

また30代になったらアイクリームはしっかり使うようにしましょう。そんなにオイリーなアイクリームは必要ありませんが、ちょっとライトなジェルのような感じのアイクリームを使うと良いでしょう。

 

<40代>

40代になったら気をつけたいのはネックケアです。顔とつながっている首にシワができたり、ドライになってくるのが40代。どんなに顔のケアをしていても首がシワシワではアンチエイジングにはなりません。顔と同じ量のクリームを首にもたっぷり塗ってあげて、サンスクリーンも首にもしっかり塗ってあげましょう。レチノール入りのクリームを首に塗ると、首がスムースになるのでおすすめです。

 

また40代になったらフェイスオイルを使いましょう。オイルは何歳で使っても良いのですが、40代ではマストアイテムです。お肌はどんどんドライになり、ダメージも受けやすくなります。オイルはクリームよりもパフォーマンスがよいので、油っぽいので苦手なんて思わずに、ぜひ取り入れましょう。

そして早寝するようにしましょう。眠くなっても無理しておきていたら、あくびをしたり、目をこすったりして顔によくないことだらけ。また、目の水分が減って乾くので、目の周りのハリも無くなったりと、シワができる最悪のパターンです。ビューティスリープというように、眠くなったら無理して起きているのはやめましょう。

 

<50代>

50代になったらナイトリペアクリームを使いましょう。寝ている間に修復するのは不可欠です。また50代になると顔が急激に変化してくるのを感じるでしょう。特に目の周辺です。

また眉毛も、形が整わなくなり、若い頃に毛を抜いていた人は皮膚もたるんで形がおかしくなりがちです。アイブローペンシルで、できるだけアーチを高めに描くのが若く見えるコツです。そうするだけで全体的にたるんできている印象をブロックすることができるでしょう。

 

 

<60代>

60代になったら、クレンジングやエクスフオリエーションをしすぎないこと。顔が乾燥しているので、朝に洗顔をスキップする人が多い60代女性なのですが、これは逆効果。夜寝ている間は、皮膚が修復モードになっています。毒素を出そうとするので、朝はその毒素を落とす必要があるのです。朝は寝ている間のお肌の汚れをちゃんと落として、それから基礎的なお手入れをしてください。またスクラブなどしてこするとお肌を傷つけてしまい、なかなか戻らないので毎日やるのは避けましょう。

またローラーなどを使ってお肌の細胞を活性化する努力をするのは良いでしょう。血流が老化とともに衰えていくので、酸素、水分、ホルモン、栄養分、ミネラル、など細胞が必要としているものを血液に送り込めるように、マッサージをしてあげたりすると良いでしょう。また細胞活性化させるとうたわれているコーエンザイム、CoQ10といったサプリを定期的に飲むのもおすすめです。 さあ、皆さんもご自分の年代に合わせて是非、アンチエイジングのお手入れを効率的にして、いつまでも若く美しくいてくださいね!

 

 

 

Writer: 内田佐知子


関連記事







その他の記事