[PR]

♡ ヘンプシードに注目!【世界の美容事情トレンドニュース】

 07/21/2017 : 809 Views

数年前からアメリカでスーパーフードとして注目されているシード(種子)の1つがヘンプシードです。ヘンプシードは麻の種子のことで大麻草から採れるのですが、麻薬ではありません。害があるのは葉や穂の部分で、実の部分には麻薬成分は含まれておらず安全な食材です。

ヘンプシードは世界各地で古代から人類と深い関わりがあり、日本では縄文時代から食べられていて、現在は七味唐辛子にも使われています。日本人にとっても馴染みの深い食材、ヘンプシードには健康・美容に効果的な栄養素が驚くほど多く含まれているのです!

良質で豊富なたんぱく質、健康を左右するアミノ酸、体内で作ることのできない必須脂肪酸であるオメガ6系脂肪酸とオメガ3系脂肪酸が豊富。不足しがちなミネラル、鉄分、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルを含んでおり、ヘンプシードナッツの場合、大さじ3杯(約30g)で、1日に必要なミネラルを摂取できます。

また食物繊維が豊富で、サツマイモの約20倍近い食物繊維が含まれています。ヘンプシードに含まれる不溶性食物繊維が腸の動きを活発にするだけでなく、腸内の老廃物を体外への排出する作用があり、整腸とデトックス効果があります。

ヘンプシードには、ヘンプシードナッツ、ヘンプシードパウダー、ヘンプシードオイルの3種類があり、どれも手を加える必要がなく、そのまま食べられるのが魅力。クルミやゴマのような香ばしい味で、どんな種類の料理にも比較的合うので用途多彩! ナッツやパウダーは、シリアル、ヨーグルト、サラダ、スープ、肉や魚料理のトッピングとして簡単に利用できるだけでなく、スムージー、クッキー、パンに混ぜたりしても美味しく食べられます。また和食とも相性抜群で、ふりかけ、納豆、酢の物、冷奴のトッピングなど幅広く活躍してくれる食材なのです。ペンプシードオイルは熱に弱いので調理には不向きですが、サラダのドレッシングやソースとして利用するのがおすすめ。

これほどの栄養素を含み健康・美容効果が高く、手軽に日々の食卓に取り入れられるスーパーフードは珍しいのではないでしょうか。ヘンプシードを生活に取り入れて、より健康的で美しい女性を目指しましょう!

 

 

参考:https://byrdie.com

Writer: 内田佐知子


関連記事







その他の記事