[PR]

♡ ストレスで健康も美容面もボロボロ! そんな時に食べたら良いものとは?【世界の美容事情トレンドニュース】

 08/17/2017 : 496 Views

@PIXTA

 

 

ストレスは美容や健康の大敵。ある程度のストレスマネージメントはやはり食事からできるものです。ではどのような食べ方に気をつければ良いのでしょうか? ストレス専門家に伺った内容をご紹介しましょう。

 

<クオリティの高いプロテインを>

ストレスがひどい時はプロテインをしっかり摂ることが重要です。そうすることによってエネルギーのバランスをとり、血糖値のバランスも整えてくれます。ストレスがひどいと、実はこの血糖値がまず影響を受けます。動物性のたんぱく質を摂取する場合は、グラスフェッドビーフなどクオリティの良いお肉を選んでください。毎回の食事に、ある程度の良質のプロテイン、そして良質の脂肪分と炭水化物をバランスよく摂ることが重要です。

 

<アボカド>

良質な脂肪分を摂るならアボカドがベストです。ストレスが溜まっている時のホルモンや血糖値のバランスを保ってくれます。スナックとして、アボカドの3分の1をスライスしたものに、オリーブオイルとシーソルトを添えて食べるだけでも良いでしょう。

 

 

<シーソルト(海塩)>

ストレスに悩まされている患者さんに多いのが、低血圧です。起床時やいきなり立ち上がる時に立ちくらみがすることもあるでしょう。脳が疲れている人は塩分の高い、チップスなどを食べたがることもあります。それは血中濃度のバランスが悪くなるからです。その場合、少しシーソルトを多めに取っても良いでしょう。しかし、高血圧、心臓疾患。腎臓疾患のある人は、ドクターに相談してからにしてください。

 

<オーガニック野菜>

ビタミンやミネラルはストレスに勝つために必要です。不足すると、疲れ、痛み、不安、鬱などの症状がでてきます。特にアスパラ、人参、セロリ、濃い緑の野菜がおすすめです。スムージーに入れても良いですし、オーガニック野菜はたっぷり摂りましょう。

 

<脂肪分の多い、冷水の魚>

オメガ3が不足すると炎症をおこしたり、いろいろなストレスの症状が出てきます。ワイルドサーモン、ヘリング(ニシン)、マッカレル(サバ)などをふんだんに食べてみて!

 

<臓物系のお肉>

ビタミンBやエネルギーの資源としてレバーなどはおすすめです。コレステロールを減らそうとした食事をすると、脳のバランスが悪くなります。週に1度、こういったお肉も取り入れるとバランスよくなるでしょう。

 

<ほかには>

*起きて30分以内に朝食を食べて血糖値のバランスをよく。

*高プロテインのスナックを食間に。2〜3時間おきに何か胃に入れることが重要です。

*小麦粉や砂糖など白い粉を食事から抜きましょう。こうするといきなり血糖値が上がったりすることが無くなります。

*カフェインとアルコールは抜いて。

*脂肪分は摂って! 抜いてしまうと脳が疲労困憊します。

*塩分を制限するのではなく、シーソルト(海塩)にこだわリましょう。ミネラルが豊富なシーソルトならオッケーです。

*体が反応しやすい食べ物を抜きましょう。

 

ストレスで参っているあなた。ぜひ、ご参考に!

 

 

Writer: 内田佐知子


関連記事

関連記事はありません。



その他の記事