[PR]

♡ クリーンスリーピングって一体どんな睡眠?【世界の美容事情トレンドニュース】

 05/11/2017 : 643 Views

健康&美容通の女優、グウィネス・パルトロウが提唱しているクリーンスリーピングって皆さんは聞いたことがあるでしょうか? クリーンイーティングという、体に良いものを取り入れる食生活の方法は聞いたことがあるかもしれませんが、睡眠がクリーンというのはどういうことなのでしょうか?

クリーンスリーピングは、要するに睡眠の質を良くするための方法です。グウィネスには専門栄養士がいるのですが、その人が睡眠の質が悪いと美容にもよくないし、代謝やホルモンバランスが崩れる原因にもなると指摘。そこで、毎日12時間以内に3食の食事を済ませること、銅の入った枕を使うこと、寝る前に甘い香りのするクリームで足をマッサージ、また瞑想などを実践するように指導し、クリーンスリーピングができるようにしているんだそうです。

これはグウィネスのアドバイスですが、他にも一般的にどんなことをすればクリーンスリーピングにつながるのかご紹介しましょう。

まずは、起床後30分以内に朝食を食べること。体がアドレナリンエネルギーを使うことを防げるし、早めに食べることが浅い眠りを防ぐのだそうです。

続いては日中にカフェイン、白い砂糖、刺激物の摂取をできるだけやめること。特に午後2時以降にカフェインの入ったドリンクを飲むのは厳禁です。

そして1日に1.5〜2リットルの水を飲むこと。カフェインの入っていないハーブティーでも良いですが、ソーダやダイエットドリンクなども避けた方が良いでしょう。着色料、刺激剤など化学物質を知らないうちに摂取していて睡眠の質の低下に繋がります。

良質の睡眠のためには、午後10時半までには就寝するようにしましょう。

寝る1時間半前はテレビ、スマホ、コンピューターなどを使うのをやめましょう。ベッドルームに携帯やコンピューターなどを手に届く場所に置いたりしないように。・・・といったことだそうです。確かにどんなに高くて良いコスメを使って、美容トリートメントに行っていても、良い睡眠がとれていなければ、目の下にクマもできるし、台無しですよね。クリーンスリーピングでは7〜10時間寝れるとちょうどいいそうです。忙しくてそんなに寝られないという人も多いかと思いますが、クリーンスリーピングを皆さんも心がけてみては?

 

 

写真引用:http://shapehouse.com

Writer: 内田佐知子


関連記事







その他の記事